レッサーパンダとアライグマ

 

あなたは、レッサーパンダは見たことはありますか?

少し前に立つことができるとして一躍「レッサーパンダ」を有名にしてくれた風太君という子もいましたね!

キュートな顔つきに長いしっぽが特徴的なあの動物です。

 

可愛らしく愛くるしいレッサーパンダですが、似たような動物に「アライグマ」がいます。

レッサーパンダとアライグマ、確かに顔は似てるけど、実際違いはどこなの?

そんなお悩みにお答えすべく、実際に調べてみました。

性格や気性の違いも説明しますので、ぜひ確認してみてくださいね。

 

スポンサーリンク


レッサーパンダとアライグマの違いは?レッサーパンダの性格編

 

 

レッサーパンダの性格

  • 一人でのんびり生活するのが大好き!
  • 意外と臆病。
  • 恋愛の時は本気を出す!

 

まずはレッサーパンダの性格について調べてみました。

レッサーパンダは普段は群れを作らず、1年のほとんどを単独で過ごす動物です。

繁殖期がやってきて交尾をしますが、その後もパートナーと一緒に過ごすことはありません。

メスも、半年ほど赤ちゃんと一緒に過ごしますが、親離れをするのですぐ単独行動に戻ります。

 

 

子供のころは意外と臆病で、家畜などに驚いて死んでしまうこともあるんだそうです。

また、とっても臭い分泌液を出してあたりをマーキングします。

これには意外ですよね。あの可愛い顔から臭い分泌液はちょっと辛いですね…。

さらに、免疫力が極端に弱くすぐに病気になるため、当時は匂いもありあまり人気ではなかったようです。

基本おとなしい性格のレッサーパンダ。

 

恋に本気を出すレッサーパンダ

 

 

繁殖期を迎えるとその気性は一変します。

オス同士だけでなくオスメス同士でも縄張り争いをします。

また、一躍有名になったレッサーパンダの二本足で立つ姿。

あれも実際は威嚇行動だと言われています。

 

 

二本足で立ち、両手を上にあげて大きく見せるポーズで「俺は強いんだ!」とアピールしているようです。

いずれにしても、とっても愛らしい姿ですよね。

また、手先がとても器用で、出し入れできる爪を使って餌を食べたりします。

餌の種類はササの葉や根、果実、昆虫、ネズミやトカゲ、鳥の卵やヒナなんかも!

かわいいだけではないのが伺えますね。

 

スポンサーリンク


レッサーパンダとアライグマの違いは?アライグマの性格編

 

 

アライグマの性格

  • かなりアグレッシブな性格。
  • 甘いものが大好き。
  • クマじゃなくて、ネコ科だった。

 

 

次に、アライグマの性格についてご紹介します。

ペットとして飼われた時代もあるアライグマですが、かわいい顔とは裏腹にとても狂暴で気性が荒い動物です。

攻撃性も高く、鋭い爪や牙で攻撃することも。

噛む力も強いので、飼ったことのある人は何度も噛まれて大けがをしたという人もいますよ。

運動神経もバツグンで、柵を飛び越えて脱走することもしばしばあるそうです。

また、繁殖力も高く、1度に3~6匹の赤ちゃんが生まれるようです。

 

人になつく事のないクールなアライグマ

 

人になつくかどうか?と言われれば、答えはNOです。

攻撃性が高く気性も荒っぽいため、人になつくことはないと言えるでしょう。

可愛い顔をしているのに意外な狂暴性を持っていますよね。

ペットとして飼われてあまりの狂暴さに捨てられる、という事件も発生していたようです。

 

アライグマはクマじゃなくてアライグマ科だった!?

 

アライグマはクマ、とついていますが実際はクマではないようです。

では狸に似てるためタヌキの仲間?と思いますが、それも違います。

タヌキがイヌ科なのに対し、アライグマはアライグマ科です。

 

甘いものが大好きなアライグマ

 

餌は基本的にはなんでも食べますが、特に好物なのは甘味の強い果物やスナック菓子のようです。

今では害獣として駆除されるようになったアライグマ。

その攻撃性から、巷でもし出くわしたときには注意が必要ですね。

 

スポンサーリンク


レッサーパンダとアライグマ、どう違うの?

 

アイキャッチ

 

レッサーパンダとアライグマの違いについて紹介します。

 

気性 性格
レッサーパンダ 臆病 レッサーパンダ科 おとなしい
アライグマ 荒い アライグマ科 攻撃力が高い

 

 

レッサーパンダが気性はおとなしめなのに対し、アライグマが気性が荒いことで有名です。

レッサーパンダには人を襲うよな度胸がないのに対し、アライグマが攻撃力が高いです。

また、似ていますが科目が違いますね。

 

 

レッサーパンダはレッサーパンダ科、アライグマはアライグマ科に分類されています。

 

 

性格はレッサーパンダがおとなしいのに対し、アライグマはとても攻撃力が高いです。

餌も、レッサーパンダはササの葉や根、昆虫などを食べるのに対し、アライグマは甘い果実やスナック菓子とは…。

このような違いがありました。

レッサーパンダとアライグマ、どちらも同じように可愛らしい顔をしていますが、このような性格の違いがあるのですね!

 

 

レッサーパンダとアライグマの違いのまとめ

レッサーパンダ

 

いかがでしたでしょうか?

レッサーパンダとアライグマの違いについてまとめました。

 

 

どちらも可愛い顔に対して意外な個性があることに驚きでしたよね!

アライグマの気性が荒いことは著者は初めて知ったのでびっくりでした。

また、レッサーパンダもあんなにかわいい顔をして強烈なにおいを出すなんて!

 

 

意外なところがあるのは人間も動物も同じなのではないでしょうか。

今ではレッサーパンダは絶滅危惧種、アライグマは害獣として駆除される対象に。

そのような違いも見受けられました。

 

 

どちらもペットにするには難しいですし、アライグマは禁止されていますが、ぜひ今後の参考にしてみてくださいね!

 

今回のまとめ

  • レッサーパンダは温厚でアライグマはアグレシップ。
  • レッサーパンダはレッサーパンダ科でアライグマはアライグマ科。
  • レッサーパンダは色々食べるがアライグマは甘いものが好き。

アイキャッチの出典:続ガチャピン随想録

スポンサーリンク


おすすめの記事