平均睡眠時間

 

Three of siberian husky puppies sleeping

子犬の睡眠時間って1日どれくらい?特徴や快適な環境まで徹底解説!

 

子犬は、成犬よりもさらに長時間の睡眠時間が必要になります。

およそ18時間から19時間、寝なければならないため、1日のほとんどを寝て過ごしています。

好奇心旺盛な時期で活発に動き回りながら様々な事を学ぶので、成犬の犬以上にエネルギーを消費します。

そのため、体力を回復するためには、たくさんの睡眠時間が必要になります。



スポンサーリンク

睡眠時間が少ないと‥

 

Cute puppy Jack Russell Terrier sleeps in a white basket in the new interiors on wooden background

子犬の睡眠時間って1日どれくらい?特徴や快適な環境まで徹底解説!

 

犬は人間よりも、睡眠時間が必要なのは先程お話ししましたが、その睡眠時間が少ないとかなり大きなストレスとなってしまいます。

飼い始めたばかりの子犬の場合は、環境が変わりなかなか寝れない事が多いです。

睡眠時間が少ない状態が続くと、問題のある行動を起こしてしまったり、しつけが上手くいかない事もあるので注意が必要です。

その他にも、睡眠時間が少ないと犬の身体と精神に悪い影響しか与えないので結果的に寿命短くなってしまいます。

人間と同じく、犬にとっても睡眠はなくてはならないものです。

健康を維持する為には、よく運動してしっかりと身体を休める必要があります。



スポンサーリンク

快適寝れるように環境を整える

 

puppy-dog

子犬の睡眠時間って1日どれくらい?特徴や快適な環境まで徹底解説!

 

睡眠不足を防止するためにも、犬が快適に寝れるようなベットを用意してあげたり、寝床を確保してあげると良いです。

ふかふかしている専用ベットは、不安定である事から快適な寝床にはなりません。

快適に犬が眠れるように高さのある固さのちょうど良いベットがあると気持ちよく眠る事ができます。

直接床に寝かせると生活音や振動が犬に伝わり寝不足の原因になるので注意が必要です。

ベット以外にもアゴを乗せて寝る事ができる枕があると最も疲れやすい首の疲れを取る事ができます。

犬の体格に合わせてちょうど良い高さのものを選ぶと良いです。

へりの所が高くなっている感じのベットもアゴを乗せれるので最適です。

ちなみに快適に寝れるようにするためには、室内の温度も調整すると良いです。

あくまでも目安ですが、シングルコートの犬の場合、夏の間、22度から25度くらい、冬の間は、20度から25度くらいを目安にすると快適に犬が過ごす事ができます。

 

結論

  • 子犬の平均睡眠時間は、18時間から19時間で、睡眠時間が少ない状態が続くと寿命が短くなってしまうリスクがあるという事が分かった。
おすすめの記事