生まれたばかりの赤ちゃんウサギは飼わない方が良い

 

うさぎ

ネザーランドドワーフは夏の暑さに弱い!?温度や飼い方のコツについて解説

 

環境の変化に上手く対応できず、デリケートで新しい飼い主にすぐに慣れる事ができないため、突然亡くなってしまう可能性が高い事から、初心者の方は、生まれたての赤ちゃんを飼うのは、やめておいた方が良いです。

どうしても、生まれたての赤ちゃんを飼いたいという場合は、体調が落ち着くまでお店で預かってもらう事をおすすめします。

赤ちゃんウサギの健康面が落ち着いてくるのが、早くて生後1ヶ月半で2ヶ月くらいからです。

ちなみに性別は、生後4ヶ月くらい経たないとわかりません。

メスのウサギを飼う場合は、生後半年から3歳ぐらいまでの間に避妊手術をしなければなりません。




まずはゲージを用意

 

うさぎ

ネザーランドドワーフは夏の暑さに弱い!?温度や飼い方のコツについて解説

 

他のウサギと同様に縄張り意識がとても強いです。

ウサギにとってゲージは、縄張りとなるため、ずっといても苦痛にならない広さのゲージを準備してあげると良いです。

具体的には、飼育に必要なグッズをゲージに入れた状態でギリギリ動き回れるくらいの大きさの物を選ぶと良いです。

縄張りを自ら管理したいという思いがあるので、ゲージが大きすぎると逆にストレスを感じてしまいます。

小さすぎるゲージもストレスの元となるので、大人になった時の平均的なサイズ25センチでも入れるゲージが良いかと思います。




必要なグッズ

 

うさぎと落葉

ネザーランドドワーフは夏の暑さに弱い!?温度や飼い方のコツについて解説

 

基本的にネザーランドドワーフの飼育に必要なグッズは、「ケージの下に敷く床材」「かじり木」「グルーミング用品」「防寒防暑用品」です。

ネザーランドドワーフは温度の変化に弱いため、暑くなる前や寒くなる前に防寒防暑用品を用意してあげる事をおすすめします。

 

結論

  • ネザーランドドワーフにとってゲージのサイズや防寒防暑用品がどれほど大事か分かった。
おすすめの記事