モルモットの飼い方の環境について!夏や冬の季節対策を徹底解説します!

 

Funny guinea pig sitting on pumpkin with background of yellow flowers outdoors

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

ペットでも人気のある犬や猫よりも寿命が短いモルモット。

室内の環境とは、気をつけたいところですよね。

そんなモルモットの夏や冬の環境対策について解説していきたいと思います。




夏のモルモットの飼い方

 

Adorable guinea pig with basket of Easter eggs

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

夏のモルモットの基本的な飼い方は?

  • 暑さに弱く、どんなに暑くても30度が耐えられる限界の温度のため、それを超えないようにする。
  • モルモットに適している温度は、18度から24度くらい。
  • おしっこをして熱を外に逃す事から水が常になくならないようにすると良い。




それでは一つ一つ解説していきたいと思います!

 

 

どのくらいの暑さなら耐えれるの?

 

Cute guinea pig next to easter eggs and yellow fresh tulips over a wooden table with blue background

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

元々日本特有の高温多湿な環境は、モルモットは苦手です。

夏は、暑さ対策をする必要があります。

モルモットを飼育する時の温度の限界は、30度くらいです。

現在では、30度を超える日も多いため、室内の温度は、自然と30度を超えてしまいます。

30度を超えてしまうと熱中症や脱水症状なってしまうので、室内の温度は30度以下をキープすると良いです。

体調が悪くなると肩で息をしたり、ぐったりしたりするので、このような状態になる前に室内の温度を変更したりする必要があります。

毛が短いモルモットは、特に暑さに弱いため、注意しましょう。




室内の温度

 

Guinea pig and yellow dandelions on a burlap texture background ,selected focus on guinea pig,noise texture effect

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

基本的にモルモットがいる部屋は、風通しを良くし、室内の空気を循環させて換気ができる状態にすると良いです。

モルモットに最も適している温度は、18度から24度です。

個体差はありますが、稀に30度でも耐えれる場合があります。

そうは言ってもできるだけ、モルモットが快適に過ごす事ができる室内温度にキープすると良いかと思います。

部屋の構造などが原因で風通しを良くする事ができない場合は、エアコンや冷却グッズを使って室内の温度を下げる必要があります。

エアコンを使う場合は、モルモット直接冷たい風を当てないようにしたり、ゲージ付近の温度を確認から、室内温度を何度に設定するか決めた方が良いです。




外出した時の温度調整

 

Portrait of cute red guinea pig

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

仕事などがある場合、定期的に外出するかと思いますが、夏の暑い日に冷房を止めてしまうと、どんなに風通しの良い室内にしていても部屋の温度がどうしても上がってしまいます。

モルモットは先程もお話ししたように暑さが苦手なため、冷房をつけっぱなしにした方が良いと思う方が多いかもしれませんが、冷え過ぎてしまうという心配があるので、冷房を切って保冷剤を活用し、涼しさをキープするのがおすすめです。

保冷剤が無い場合は、凍らせたペットボトルでも良いです。

ペットボトルか保冷剤をタオルで巻いて、ゲージの上、横、下に置いておく事でエアコンの代わりになり数時間は涼しさをキープする事ができます。

モルモットがペットボトルや保冷剤に直接触ったり、囓ったりする事がない位置に置く必要があります。




エサと水

 

Adorable guinea pig with basket of Easter eggs

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

モルモットは、汗をかいて皮膚から熱を放出したり、犬のように舌から熱を放出したりする事が難しいです。

そのため、水をたくさんのみ、おしっこをして熱を外に逃がす事から、夏の暑い日は、水がなくならないようにする必要があります。

エサのペレットは、傷まないようにしたり、ペレットなどに含まれているビタミンCが熱に弱いため、冷蔵庫に保管すると良いです。

 

結論

  • 夏は常に18度から24度に室内の温度をキープし、水が常にある状態にしておくと良い事が分かった。




 

冬のモルモットの飼い方

 

Cute guinea pig next to a straw pink basket filled with easter eggs and hay over a wooden table with blue background

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

冬のモルモットの基本的な飼い方は?

  • ゲージ内の温度を15度以上にキープした方が良い。
  • 人間のウィルスがきっかけで病気になる事があり呼吸器系が弱いため注意が必要。
  • 自ら温度管理ができるように一部だけホットカーペットをひいておくと良い。




それではもう少し深堀して話していきたいと思います。

 

どのくらいの寒さなら耐えれるの?

 

Морская свинка

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

先程、夏は、18度から24度くらいがモルモットに適した温度という事をお話ししましたが、冬の場合は、10度くらいまでなら耐える事ができます。

地域によっては、氷点下になる事もあるので注意が必要です。

おおよそ15度以下になるとあまり動かなくなりご飯も食べなくなります。

その状態が続くと病気にかかりやすくなってしまうので、できるだけ15度以上をキープする事をおすすめします。




室内の温度

 

Adorable family of Guinea pig "Cavia porcellus" one mother and three baby

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

部屋の温度とは、別にゲージ内はモルモットが快適と感じる15度以上の温度にしてあげる必要があります。

直接、モルモットにヒーターを当てるような事はしないで下さい。




衛生管理

 

guinea pig house, guinea pig is feeding on green grass

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

暖房などが原因で乾燥しているため、人間がかかったウィルスがきっかけで病気にならないように注意する必要があります。

特にモルモットは呼吸器系が弱いです。




ゲージを暖かくする

 

Woman holding cute small guinea pig indoors, closeup

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬対策など完全解説します!

 

先程もお話ししたようにゲージ内の温度は一定に保たなければなりません。

そのため、ゲージにホットカーペットなどをひいたりするとゲージが暖かくなります。

全体を温めるというよりは、一部分だけを温めるようにして寒い時だけ自らの意思で暖かい所にいれるようにしてあげた方が、寒い時と暑い時の温度調整ができるためおすすめです。

 

結論

  • ゲージ内を15度以上にキープし、呼吸器系が弱い事から人間がかかるウィルス系の病気に注意した方が良い事が分かった。




 

モルモットの飼い方の環境について!夏や冬の季節対策のまとめ

 

 

出典:YouTube




今回は、モルモットの夏と冬の飼育方法についてお話ししました。

お話しした飼育方法を参考にモルモットが快適に過ごせるような環境を作ってあげる事をおすすめします。

 




おすすめの記事