カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説します!

 

カピバラ露天風呂 神戸どうぶつ王国

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

カピバラさんの平均寿命ってあまり知っている人は多くないかもしれません。

外国では、カピバラさんを普通に狩っているところあります。

ネズミ種のなかでも大きいカピバラさんの平均寿命を早速解説していきたいと思います!

 

カピバラの平均寿命はどのくらい?

 

カピバラ

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

カピバラの平均寿命は?

  • 野生にいるカピバラの平均寿命は5年から10年くらい。
  • 様々な動物に野生で狙われる事から、寿命を全うするのはなかなか難しい。
  • 飼育されているカピバラの平均寿命は、10年以上で日本の動物園で最大14年生きたカピバラがいる。




それでは早速解説していきたいと思います。

 

野生のカピバラの平均寿命

 

Wildlife Park

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

基本的に野生にいるカピバラの寿命は、5年から10年と言われています。

野生では、アナコンダなどに狙われてしまうため、過酷であることから寿命を全うするのはなかなか難しいです。

野生で最も長生きしたカピバラは、12年です。




飼育されているカピバラの平均寿命

 

柚子の入った温泉に浸かるカピバラ

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

飼育されているカピバラの寿命は、10年以上で日本の動物園では、14年間生きたカピバラもいます。

結論

  • 野生のカピバラの平均寿命は、5年から10年くらいで、飼育されているカピバラの平均寿命は、10年以上である事が分かった。




 

カピバラを飼育する時の注意点

 

カピバラ

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

カピバラを飼育するなら知っておきたい主な3つの注意点

  • 人間のように歯がある程度伸びたら伸びなくなる訳ではなく一生伸び続けるため、かじり木を準備して歯のケアがいつでもできるようにすると良い。
  • 家でカピバラを飼育する場合は、雨宿りできる場所を作ってあげると良い。
  • 水中でトイレをするため、カピバラが入れて簡単に壊れないようなプールなどを準備する必要がある。




それでは解説していきます!

歯のケアをしてあげる

 

草を食べるカピバラの家族

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

カピバラを飼育する時は、歯のケアをしっかりとしてあげると良いです。

カピバラの歯は、人間のようにある程度伸びたら伸びなくなる訳ではなく、一生伸び続けるため、硬いものを噛んで歯を削る必要があります。

歯のケアをせずにいると噛み合わせが悪くなる事から、物を上手く食べれなくなります。

そのため、自宅で飼育する時は、かじり木などを用意して歯のケアをしっかりとできるような環境を整えてあげましょう。

 

雨には気をつける

 

カピバラ露天風呂 神戸どうぶつ王国

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

基本的にカピバラは雨が苦手です。

水中で生活しているのになんで苦手なの?と思う方も多いかもしれませんが、野生のカピバラは、雨が降ってくると葉っぱで身体が冷えないようにしているので雨が得意な訳ではありません。

そのため、家で飼育する際は、雨宿りができる場所を作ってあげる事をおすすめします。

 

トイレを水中でできる環境を整える

 

カピパラ温泉

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

基本的にカピバラは、トイレを水中でします。

そのため、カピバラが入れて簡単に壊れたりしないプールなどを準備した方が良いです。

ちなみに寒さにも弱いため、寒さ対策もしなければなりません。

 

大量の餌を準備する必要がある

 

カピバラのポートレート

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いについて解説!

 

基本的に野生のカピバラは、森にある草、果実、木の皮などを食べています。

そのため、家で飼育する時も野菜、果実、ペット用の栄養補助してくれるペレットなど1日3キロ分を準備する必要があります。

毎日、大量のエサを食べるのでエサ代が経済的な負担にならないかどうか考えてからカピバラを飼うかどうか決めると良いかと思います。

 

結論

  • カピバラを買う時は、歯のケアができるようにかじり木を用意し、雨が苦手なため、雨宿りできる場所を作ってあげると良い事が分かった。




 

カピバラの寿命って平均どれくらいなの?野生と飼育の違いのまとめ

 




今回は、カピバラの野生と飼育それぞれの寿命やカピバラを飼う時の注意点についてお話ししました。

これからカピバラを飼いたいと思っている方やカピバラについて調べている方にとって参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

カピバラの寿命は、野生の場合、敵に狙われる可能性があるため、寿命を全うする事ができず、5年から10年と言われていて、家で飼育する場合は、10年以上と言われています。

日本で最も長く生きたカピバラは、14年くらいです。

カピバラを飼育する際の注意点は、歯が一生伸び続けるため、かじり木などを準備して定期的にいつでも歯のケアができる環境を整えたりしなければならない事やカピバラは、基本的に水中でトイレをする動物のため、カピバラが入る事ができて壊れないプールなど準備すると良いです。

エサは、通常森にある草、果実、木の皮を食べるため、果実や野菜など1日3キロのエサを準備しなければなりません。

カピバラを飼う上で様々な点に注意しなければなりませんが、しっかりと注意しながら飼う事で上手く飼育する事ができます。

事前にカピバラについての基礎知識を学んでおく事で実際に飼育するようになった時に困らずに済みます。

 




おすすめの記事