ベンガル

ベンガルをご存知でしょうか?

豹の柄の美しい光沢、シルクにみようかな滑らかさ、何度も撫でたくなるのでしょう。

ベンガル猫は、猫種の中で大きい方です。

見た目は野性的で、ゴージャスです。

ベンガル猫は、野生のヤマネコ(アジアンレオパード)と短毛種のイエネコの交配により生まれました。

そうした、美しいベンガルにつきまして解説していきたいと思う。

スポンサーリンク




 

ベンガル猫の性格や特徴について!飼い方や毛並みについてご紹介!

 

bengal cats babys leopard kitten

 

ベンガル(Bengal)は猫の種類の一つです。

野生のオオヤマネコと短毛種の家猫を交配して作られました。

ヒョウ柄のデザインが美しいのは置いておいて、個人的に一番魅力的なのは性格の良さです。

人懐っこくて、甘えん坊で飼い主さんを大切に慕ってくれます。

おしゃべりな人が大好きな子は多頭飼いクラスなので、そうやっていろいろな鳴き声で気持ちを伝えてくれそうです。

遊ぶのが大好きな子が多く、教えやすさも高いです。

一方で、狡猾に動くので、いたずらをすることもありますが、多少のしつけも可能です。

人間としてのコミュニケーションを大切にできるので、お互いに愛情を持って暮らせます。

スポンサーリンク




ベンガルの性格

 

 

ベンガルは見た目とは裏腹に温厚で、甘えん坊の性格。

仕事が好きで狩りが大好きな面々も多い。

猫にしては珍しく水遊びも好きです。

視覚、聴覚、嗅覚が発達して敏感に反応しますが、そこまで神経質ではありません。

 

ベンガルの特徴

 

Beautiful bengal cat playing on the balcony, washing himself, feeling sleepy or playful. Little tiger.

 

やや幅広のくさびの頭にベンガルが幅広な鼻筋は、それを垂らすアイラインで、アーモンド型の瞳を少しマスカラにして呼びます。

家猫よりも一断面に多くの背骨があるベンガルは、長い体を持ち、しっかりとした肉付きで、中型のカラヤと大型のロングショット&サブスタンシャルタイプ。

ロゼットと呼ばれる特徴的なヒョウ柄の他に、タビーやマーブルもあります。

全体的に非常にワイルドな外見をしています。

スポンサーリンク




ベンガルの毛色

 

ベンガルでは、ブラウン、シルバー、白のヘアカラー3色で2つのデザインの組み合わせが基本になります。

デザインはロゼットやマーブル、タビーにみようかなストライプで代表的なものにしたスポット(凹凸)があります。

スモークはシルバーに残すことがあり、公認色ではありませんが、ブルーやブラックも存在します。

スポンサーリンク




ベンガルの歴史

 

Beautiful short hair cat lying on the sofa at home

 

1970年代、カリフォルニア大学で猫白血病の実験的研究のために、国産猫とベンガル山猫の交配が行われました。

この時、生まれた猫が後のベンガルの基本になったと言われています。

交配にはオオヤマネコの他に、インド、原住民猫、アビシニアン、アメリカンショートヘアのアメリカンショートヘア、エジプシャンマウ、シャム猫などが使われました。

 

ベンガルの飼い方

 

cattery of bengal cat this his kitten

 

猫でも活動的なものになりますが、子猫はどうかというと、若い猫時代、ベンガルは他を凌駕しています。

ヒョウなどの高速で走って、高いところを怖がらずに駆け上がり、時々下にいる人の肩で飛び降りようとしています。

成猫になっても他の猫種よりも運動量が必要です。

運動できる環境や、ハウスや建具、キャットタワーなどの置き場所を考える必要があるでしょう。

ベンガルは最も賢く、観察力と洞察力があるので、しつけ自体は難しくありません。

ただし、若猫時代に子猫から離れすぎた甘えん坊のやり方を実演したり、管理人の気配を理解したりすると、外に出て行くのに不穏なことがあります。

成猫になれば落ち着いてしまうのがほとんどですが、あまりにもひどい場合は相性を考えながら2匹の繁殖を検討してみるのが優れているかもしれません。

さらに、窓やドアの鍵を閉め忘れた時に開けてしまうことが多いようです。

成長してベンガルの被毛はみっしりとありますが、シングルコートに関してはお手入れは簡単です。

スポンサーリンク




ベンガル猫の性格や特徴について!飼い方や毛色について解説についてまとめ

ベンガルについていかがだったでしょうか?

その外見はワイルドでとても気品あふれるで、とても聡明なな猫ちゃんです。

そして、運動量がかなり必要な猫種でもありますので、お迎えをする際にはベンガルがおもいっきり遊べるような空間を分けて作ることで、お互いにストレスなく過ごせると思います。

是非お互いが一緒にいる時間を楽しまれてください。

 

この記事の内容が、ベンガルとベンガルが大好きな人のお役に立てれば何よりだと思っております。

最後まで記事をお読みいただき誠にありがとうございます。

 

スポンサーリンク




おすすめの記事