猫ちゃんの性格について♪

猫ちゃんは「みんなマイペースで気ままな性格をしていますのでは?」と思われがちな動物です。

実際には性別や猫種、飼い方などによりまして性格に違いが表れます。

このページではまず猫の基礎的な性格を踏まえたうえで、性格の違いが見られるケースにつきまして解説していきます。

スポンサーリンク




猫ちゃんの基本的な性格♪

ライオン以外のネコ科動物は群れずに単独行動をしてるため、ぼくの気持ちを大切にしていながら生活をしているのです。

犬は飼い主さんのことを群れのボスだと思われますものでしょう。

しかしながら、猫は違い、一説によれば、猫は人間のことを自分と同じ動物だと認識したりすると言い聞かされます。

ですから、猫は猫相手にする遊びで人間とコミュニケーションを取ろうとするのです。

一方、完全室内飼いが主流になりましてきた近年は、猫と人間の距離が近くなり、犬と同じようにらい飼い主さんに甘える猫も多くみられてるようになってきました。

猫はマイペースだというビジョンが強いかと思うが、飼い主さんの帰宅時には必ず玄関で待機してましましたり、部屋の中をつきまして歩いたりと、人間の生活スタイルに合わせた行動をとることもあげられます。

そうして、猫は犬みたいに「飼い主さんが起こるからイタズラをやめよう」と思われますのでではなく、「バレないようにイタズラをしましょう」と考えるため、しつけが行いにくいのも特徴です。

猫とうまく付き合っていくためにはしつけを頑張るよりも、飼い主さんが良い対策法を思っていってしまうことが大切です。

スポンサーリンク



猫ちゃん同士性格が違うの?

  • オスとメスで性格が違う!

猫は、性別によりまして性格に違いがみられてることもあるのです。

一般にオスはメスよりも甘えん坊な性格をしてるため、飼い主さんにスリスリするだけはあるのでしょう。

さらに、オスは愛情豊かな性格をしたりする子が多く、おうちに新たな猫を迎えいれたときになぜてもらえる子も多いものでしょう。

対してメスは、ツンデレな性格をしたりする子が多いでしょう。

たとえると、一定の距離感を保ちながら飼い主さんとスキンシップを取ったり、ふたりっきりの空間でないと甘えないでしましたりすることもあげられます。

ただ、こんな性格の違いはおうちに迎えたときの年齢や飼育法にによりましても変化するため、あえて目安程度にしておくのがオススメです。

スポンサーリンク



  • 猫種別による性格の違い!

猫は、毛の長さによっても性格に違いが見て取れます。

一般に、短毛種は長毛種よりも活発な性格の子が多かったりするのが特徴です。

長毛種は突然変異で産まれた品種を人の手によって改良したりするため、飼いやすくて狩猟本能が強くない個体が多いとされます。

そうして、毛の長さだけでではなく、猫種によっても性格には違いが見られるでしょう。

例えば、アメリカンショートヘアやアビシニアンといいました猫種は活発な性格をしているのに対して、ラグドールやペルシャなどはおっとりとした性格をしているのです。

また、猫種の中にはベンガルみたいに野生のヤマネコの血を受け継ぎ、ワイルドな性格をしている品種もいますので、飼育前には大まかな性格を調べるようにしてみましょう。

  • 毛色や模様による性格の違い!

毛色による性格の違いは、科学的に明らかにされていません。

しかしながら、猫を飼ってると大まかな性格の違いがあると感じることも多いみたいです。

例えば、日本人に好まれやすい茶トラは温厚で甘えん坊な性格をしてましたり、キジトラは猫の祖先であるリビアヤマネコと同じ柄をしているため、一番野性味があると言い伝えられましている傾向があげられます。

スポンサーリンク



去勢・避妊手術をすると性格は変わるの!?

でぶねこ

去勢手術や避妊手術を行うと、性格が穏やかになるのでしょう。

特にオスの場合は、なわばり争いやメスを巡る喧嘩のストレスなどから解放させられるので、より甘えん坊な性格になるんです。

メスの場合も、マイペースな性格から一転し、子猫にみようかな無邪気さを見せつけちゃっているようなってしまうことも多いものでしょう。

手術後はまれに性格が凶暴になることがあるのです。

しかしながら、ある意味手術が怖くて神経質になりましたりすることが原因だから、数日経てば穏やかな性格に戻ってもらえるでしょう。

スポンサーリンク



生活環境によって猫の性格は変わるの!?

ダンボール猫

飼い猫の性格は、成長段階によっては変えることができます。

中でも受容性が高い子猫期は性格の形成に大きな影響をもたらすため、後の飼育のしやすさを思い、人間や他の動物にいっぱい触れさせていくのもよいでしょう。

子猫期にいっぱいスキンシップをとってあげますと、大人になっても甘えん坊で自信を持った猫になりましてくれるのでしょう。

一方、ある程度性格が形成されてる成猫や老猫の性格は変えにくいものでしょう。

特に人間に対して嫌な体験をした成猫や老猫は構われていることがストレスにになることもあるのです。

トラウマを負ってる猫はこまめに手からご飯をあげたり、ブラッシングなどでスキンシップをとってあげたりするそしたら人馴れしてもらうこともあるが、そのような行為自体がストレスにになることもあるため、注意が必要です。

スポンサーリンク



いきなり性格が変わったら病気の可能性も!

ねこがだるい姿をしている

甘えん坊だった飼い猫の性格が急に攻撃的となった場合は、甲状腺機能亢進症という病気を引き起こしてる実現性もあるのです。

甲状腺機能亢進症はシニア期に発症しやすく、甲状腺ホルモンが過剰に分泌させられることによりまして引き起こる病気です。

症状としましては食欲が増しましたり活発になったりするため、早期に発見することの方が容易ではないです。

甲状腺機能亢進症は血液中のホルモン値を調べることで発見出来るので、定期健診のときに検査をしてもらえるのもオススメです。

さらに、甲状腺機能亢進症以外だけでではなく、認知症も猫の性格を変える病気のひとつ。

完全室内飼いの猫は外で暮らしたりする猫よりも得られる刺激が多くないので、認知症の発症率が高くなるのでしょう。

飼い猫の性格が変わる裏にはこんな病気が潜んだりしたりすることもあるため、日頃から体調管理に気を配るようにやりたいですよね。

スポンサーリンク



まとめ

猫ちゃんの性格は

品種、性別、手術後などで大きく変わってきます。

ですので、あっち子は甘えん坊だから、こっちにも同じことしてるのに・・・

と悩まなくても、あの子は一人で遊ぶのが好きだから放っておいてあげた方が幸せなんだな~

と思って猫ちゃんの性格を受け入れてあげましょう♪

その方がお互いにとって素敵な生活になると思います!

これからも楽しいねこちゃんライフを送ってください(^^)/

スポンサーリンク




おすすめの記事