発情期を迎えた飼い猫への接し方がわかりません・・・

飼っている6ヶ月のメスの子猫が、発情期を迎えています。

ものすごい鳴き声や行動に戸惑っています・・・

その事について今回解説していきたいと思います♪

スポンサーリンク




まずは猫の発情期について知りましょう!

動物には発情期があります。

発情期の間だけ交尾が可能で、発情期以外には性行動は一切ありません。

猫は日照時間が長くなると発情期を迎える動物です。

早春の、日が長くなりはじめたころに最大の発情期あって、以後、日の短くなる秋までに1~2回の小さな発情期を迎えるのが普通ですけど、最近は人工光のもとで暮らす猫が増えたせいで、冬にも発情期が来ることがあげられます。

1回の発情期は約1~5か月間続きます。

まずメスが発情し、メスの出すフェロモンによりましてオスが発情するというしくみです。

メスは交尾をして受胎した時点で発情が止まりますが、交尾をしない場合は1週間ほ一時的は止まりど発情が続いています。

そうして約10日後に再度発情し、交尾を楽しないでしょうかぎり発情期の間じゅう、こいつをくり返すことになるのでしょう。

その為、交尾をしないそしたら、1回の発情期に2~3回の発情と発情停止をくり返すわけです。

スポンサーリンク



飼い主が出来ることは気をそらして問あげることだけ

発情報したメスはいつもと違う声で鳴き、何かを求めてウロウロします。

実際はオスを求めていますのですが、本人にその自覚はないです。

あくまで本能に従進って 「何かを求めて」いるだけ。

身体をコネコネとさせ、腰に触るとおしりをもちあげます。

出産させる気持ちがないなら、というより生まれた子猫を飼うことができないなら、発情期が完全に止まるのを待別って不妊手術を受けましてください。

いつもと違う行動に関は、 「何かを求めているけど、 自分ではよくわかっていない」のだと考えて、極力気に対応しないように見守るしかないのです。

飼い主が出来るのは、できるだけ気をそらしてやることだけ。

ただ、発情中の猫は「何かを求めて」外に行ってしまおうとしますから、これだけは注意が必要です。

出てしまったら交尾をしてしまう可能性が高いです。

猫は交尾の刺激で排卵をします。「交尾排卵」というしくみをもっています。

だから一度交尾をしてしまいましたとしてましたら、確実に妊娠します。

猫は1回の出産で4匹前後の子猫を生むことを忘れないでください。

全部の子猫を飼うことができませんという場合、里親を探さなくてはなりません。

雑種猫の里親を探すのはても簡単ではないことなのです。

なるべく早く手術の日記に動物病院に相談をして、日程を決めることをオススメします。

スポンサーリンク



猫ちゃんの発情から妊娠・出産のまでの流れ

猫ちゃんの「性」のしくみは、私たち人間とは異なります。

どのようなしくなのか、猫ちゃんのことをよく知るために、発情から妊娠、出産までの流れを見てみましょう。

スポンサーリンク



猫の発情・繁殖のしくみ

① 発情

  • メスのフェロモンンに誘われてオスが発情

メスの卵巣に受精可能な卵子ができると、メスの発情期が始まります。メスが発情期に出すフェロモンに誘われて、オスが発情します。

  • オス、メスともに発情期特有の行動が見られる

メスは本格的に発情すると、身体をくねらせて地面を転げ回り、オスを誘惑します。オスはメスのもとに集まって、鳴き声やニオイなどでメスにアピールします。オス同士でメスを争ってケンカすることもあります。

 

② 交尾・妊娠

  • 交尾をすると、メスはほぼ妊娠する。

メスは交尾排卵といって、オスのペニスが膣から引き抜かれる痛みで排卵します。この仕組みのため、ネコは交尾すると高い確率で妊娠します。発情期の間、メスは妊娠するまで交尾を繰り返すので、さらに妊娠の確率が高くなります。

  • 妊娠3週目くらいから「つわり」が見られる

妊娠をしてから3週目くらいに、吐いたり食欲がなくなるほど「つわり」の症状が見られることも。およそ45日以降からお腹が膨らみ、胎動が感じられるようになります。

スポンサーリンク



猫の発情・繁殖サイクル

自然光のもとで生きる野生に近いねこの場合の発情と繁殖の場合、栄養状態がよく、夜も証明のもとで暮らす現代の猫は、冬でも発情期が来ることがあります。

  • 2月~9月の間に2~3回の発情期(約1.5ヶ月)を迎える。
  • 冬の間は育児に適していないので発情しない。

発情期特有の行動

  • スプレー(マーキング行為)
  • 大声で鳴く
  • メスをめぐってオス同士のケンカ
  • 外に出たがる

メスは交尾の相手をニオイで選ぶ!

メスの相手選びの決め手はニオイ。

メスはケンカに強いオスを選ぶことが多いですが、弱いほうの猫を選ぶことも。

動物にはより強い子孫を残すために、ニオイで近親を見分けて避ける習性があるのです。

ボス猫がふられることもあって、このようにして様々な遺伝子が残るのです。

スポンサーリンク



まとめ

猫ちゃんの発情期を知ることで、安易な妊娠は避けられます。

それは猫ちゃんもそうですが、生まれてくる子猫ちゃんの運命にも関わってきます。

里親がいない猫ちゃん、子猫ちゃんが生まれて困る飼い主さん。

そうならないために、発情期について色々覚えておきましょう!

スポンサーリンク




おすすめの記事