猫ちゃんのお食事って新しいフードを探さなきゃダメなの?

今、飼っている、ねこちゃんが、キャットフードにすぐ飽きて食べなくなった・・・

キャットフードを食べない時があって、食欲を出してもらおうといろいろなフードに変えていたら、どのフードにもすぐ飽きて食べなくった。

と悩んでいる方いませんか?

実は猫ちゃんは、人間見たいに規則正しく食べないようになっているのです。

それでは今回はその内容についてお話を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク




 

食べないからと次々と違うフードを与えるのは悪循環

キャットフード

猫は健康であってもときどき 「食べない」ときがあります。

野生時代は狩りをして食糧を得ていたわけですから、毎日、一定量を食べていたわけではありません。

獲物が捕れたときにおなかいっぱい食べ、捕れないときは食べないという暮らしでした。

その名残(なご)りなのでしょう。十分すぎるほどの食事をもらっている猫には、ときに「食べたくない日」があるのです。

 

ただし、食欲がなくても目先の変わったものがあれば食べます。

おなかがいっぱいでもケーキなら食べるという人間と同じです。

すると満腹感が続くわけで、またすぐに「食べたくない日」がやってきて、また目先の違うものを食べ

また「食べたくない日」がやってきて……。

結局、飼い主はいつも目先の違うおいしいもの、を探し続けることになります。

 

悪循環です。

 

食べないからといって次々と違うフードを出さないことです。

食べない日には、そのまま様子を見てください。

健康状態に問題があれば必ず、ほかにも何か症状があるはずです。「どう見ても元気」なら、食べないままで
いいのです。

翌日にはきっとモリモリと食べてくれると思います。

スポンサーリンク



数種類のフードを順ぐりに与えてみる方法があります

キャットフード

とはいっても、同じフードばかりを与えていると、そのうち食べなくなることはあります。

純粋に飽きるのでしょう。

何種類かのフードを順ぐりにまわしていくのがいい方法です。

飽きてきたなと思ったら、以前食べていたフードにするという意味です。

以前に飽きてしまったものでも月日が経てば、また「おいしい」と感じるからです。

「また、缶詰のフードばかりではなくドライフードも与えてください。

人間の目から見ると「おいしそう」には見ませんが、ドライフードを好む猫は多いのです。

さらにドライフードを食べている猫のほうが、好き嫌いなく食べる傾向があるのも確かです。

ドライフードにもいろいろと味の種類がありますから、同じように何種類かをまわしていくといいです。

いずれにしろ好き嫌いをする猫は、いかに十分な食事をもらっているかということなのです。

放浪を続け、いつもおなかを空かせているのら猫は好き嫌いなどしません。

また、毎日食べているけれど量が十分ではないという場合も、好き嫌いなどありません。

「好き嫌いが激しい」猫は幸せすぎる暮らしをしている証拠でもあるのです。

スポンサーリンク



キャットフードを選ぶポイント

キャットフード

キャットフードを選ぶポイントで、味や食いつきも大事ですが、猫の健康を守るためにはフードの対象年齢や総合栄養食であるかどうかを見分けることが大切です。

では、選ぶポイントの5つをご紹介したいと思います。

  1. 対象年齢
  2. 特徴
  3. 総合栄養食
  4. 賞味期限

それでは順番に解説してきたいと思います。

①対象年齢

愛猫の年齢に合ったフードを選びましょう。

同じ銘柄のフードでも、子猫、成猫、シニア猫、それぞれに合ったカロリーや栄養素に調整されています。

成猫なのに子猫用フードを与えるなど、年齢に合っていないフードを与えていると、肥満や病気の原因にもなります。

②特徴

「歯石予防」「毛玉ケア」など健康面での効果をうたったものや、「室内飼いの猫用」「ペルシャ用」など特定の猫を対象としたフードなど、現在ではさまざまな種類のフードがあります。

一番に求めるものは何か考えてみましょう。

③総合栄養食

キャットフードには「総合栄養食」「一般食」「副食」「間食」などの種類があります。

このうち、主食に適しているのは総合栄養食のみ。

主食として選ぶ際は必ず総合栄養食であるかを確認しましょう。

④量

フードは開封すると、どんどん酸化が進みます。

1匹しかいないのに大容量のパックを購入するのはNG。

小分けクだと安心です。

⑤賞味期限

賞味期限の近いものが販売されていることはまずありませんが、念のためチェックを。

また開封後は賞味期限内であっても早めに使い切ります。

 

この5つのポイントを押さえて適切なキャットフードを選んでいきましょう♪

スポンサーリンク



キャットフードのまとめ

キャットフード

猫ちゃんは野生のDNAが残っていて、人間みたいに規則正しく時間通りに食事をする・・・

というよりは、お腹が減ったら食べるという、野性的な感覚が残っています。

ですので、キャットフードに飽きたから食べないというわけではないので、安易にキャットフードを変えるのはやめましょう♪

 

そのサインの一つとして

フードに砂かけをするのは、いま食べたくないサインです。

なぜなら

前足を動かしてフードに砂かけのしぐさをするのは「こんなもん食えるか!」のサインではありません。

猫は単に「今は食べたくない」と思っただけ。

そしてそのときなぜか野生時代のスイッチが入り「埋めて隠しておこう」とするのです。

猫ちゃんの気持ちが解ってくると、お互いにとって円滑で楽しい生活が送れますね♪

スポンサーリンク




 

おすすめの記事