夜中の大運動会、やめさせる方法は?

2歳になる猫は毎晩12時ころになると大騒ぎ・・・

眠れないし、ペット可のマンションとはいえ、苦情が来ないか心配です。

そんな方に、猫の習性について今回はお話を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク




猫の習性上、夜の大騒ぎやめされられません。

 

Katze, Kätzchen im Sprung

 

お気持ちはわかりますが、夜の運動会をやめるのは問題です。

猫ちゃんの健康のためにも、夜の運動会をやらせてあげて、またそのような形で飼い主さんとのコミュニケーションをとってあげることが精神衛生上必要です。

それを止めて実践していなくても、問題はないと考えます。

飼い主さんが家にいるとき、猫が夜中に急に元気になったり、昼間に乱暴に行動したりすることでしょう。

猫の生体時計です。

もともと夜行性の猫の中ではシュウ系です。

気持ちは本当にエネルギーギッシュで高いです。

日の中で一番ふくらむ時間。

走り回るのが気持ちよくて仕方がない時期です。

床にカーペットやマットを敷くのも一つの方法なので、私も止めてしまっては申し訳ないと思い、一階の部屋には振動が来ないようにしています。

運動場」を設置して疑問の意図を持って布団を敷くのも良いでしょう。

じゃらし棒を上手に使えば、「運動場」の上だけで意外にも康猫が空回りしています。

おそらく走ったり飛んだり、ジャンプしたりする床の上よりも快適だからだろう。

布団の上では高跳びをしても問題なし。

釣竿型のじゃらし棒を使ってとても遊ばせてくれる。

猫は動物の中で長時間我慢せずに動くことはできないし、続けることもできない。

元気に運動すると5分もしないうちに消耗して寝始めます。

スポンサーリンク




 

階下の住人とのコミュニケーションを忘れずに!

 

two maine coon kittens playing in living room in front of sofa jumping in the air

 

また、下の住人との付き合いで大切にすることが必要です。

社交的な知人がいるのといないのとでは感情的なものが大きく異なります。

人見知りがあるのとないのとでは、見落としてしまう部分があるでしょう。

上の部屋の猫がうるさいと人見知りなしになることもあるでしょう。

とてもやんちゃしたい年頃です。

猫ちゃん、とっても一緒に遊んであげてください。

飼い主さんと一緒に遊ぶことで猫を飼うことが大切だと考え、猫のアドレスを深めています。

5、6歳くらいまでは気合を入れてたくさん遊んでいますので、長期的な展望のためにも発明を考えることをお勧めします。

スポンサーリンク




まとめ

 

Cat stretching

 

猫ちゃんが夜、運動して遊ぶのは元々の夜行性の生き物だからしょうがない部分があるのです。

ですので、それを受け入れ、夜運動しても大丈夫なように対策をしましょう♪

そのポイントは

  • 階下の住人あったら必ずあいさつをしましょう!

普段から印象を良くしておくことが大切。階下や隣の方とあったら必ずあいさつをしましょう。

  • 騒音対策をしよう!

猫が高い所からよく飛び降りるところに、コルクマットなどを1枚敷くだけでも、音の響きは抑えられます。

このような対策をしながら、楽しいねこちゃんライフを過ごしましょう♪

スポンサーリンク




おすすめの記事