猫ちゃんが、なめすぎて身体の一部がはげちゃいました><

身体を過剰になめるのはストレスのせいと聞いてショック!

でもどのようにストレスを減らせばいいのかわかりません・・・

そんな、お困りの方に今回この内容を紹介したいと思います。

スポンサーリンク




本当にストレスが原因なのか調べましょう!

はげるほど体をなめる原因は、ストレスだけとはかぎりません。

皮膚炎などによるかゆみが原因の場合もあげられます。

まず動物病院で診察を受けることが必要でしょう。

そのうえでストレスが原因だとなりましたら、何がストレスなのでしょうか?

それを知る必要があります。

ストレスの原因がわかってないならば対処のしようがありません。

あなたの猫は1匹だけで飼われて実いますのでしょうか? それとも同居の猫がいますのだろうか。

または同時居の犬がいますか?

毎日の暮らしはどのような様子でしょうか?

室内飼いで留守番ばかりということでしょうか?

ケージ飼といったことでしょうか?

いっしょに遊んだり、コミュニケーションをとったりする時間はあるのだろうか?

あなたの猫の毎日の暮らしを点検一し、何がストレスになっているのか考えてみることが大切です。

そうして思い当たることがあれば、それを改善する方法を思ってみましょう。

スポンサーリンク



日々の生活を振り返り、原因を改善しましょう!

複数で飼われる場合、その中の誰かとの仲が悪といったこと楽しもあるのです。

猫は仲が悪いからといってケンカをするわけではありませんから、人間の目にはそれがわからいことも多々あげられます。

お互いの行動を注意深く観察する必要があるのでしょう。

仮に、だれか一との仲がうまくいっていないのだと考えたら、ひとりになれる場所を作ってあげることが必要です。

その猫専用のケージを用意し、ときどきひとりにしてあげるのも一つの方法でしょう。

猫どうしの関係は、一生涯変わらないというかんじではありません。

お互いの距離をとることで改善するだけは十分にあげられます。

反対に、いつもひとりで留守番ばかりとか、飼い主とのコミュニケーションがないことがストレスになりましていることもあげられます。

その時は一度、一緒に遊んだり十分なスキンシップをとったりすることで改善できます。

ストレスの原因を見つけだし、生活を変え、楽しい刺激のある暮らしを模索してあげてください。

スポンサーリンク



猫のストレスの原因とそのサイン!

それでは、猫ちゃんがストレスを感じやすい具体的な内容を説明していきたいと思います。

  • 小さな子供

あまりにもしつこくされたり、乱暴にされたりすると、猫ちゃんも参ってしまいます。

  • 引っ越し

慣れた環境が大きく変わってしまい、不安に思う猫ちゃんもいます。只、慣れればすぐに安心して暮らします。

  • 来客

猫ちゃんは知らない人が苦手です。隠れ場所を用意して避難場所へ自由に行きき出来る空間をつくってあげましょう。

  • 長期にわたる家族の不在

猫ちゃんも家族が独立したり、出たり亡くなったりした場合は、環境の大きい変化により多大なストレスを抱えます。

  • 自宅や近所の工事

工事中は大きな音がしたり、人が出入りをして落ち着きません。猫ちゃんが怯えるようなら、ペットホテルなど預けるのも一つの方法です。

  • 留守番

留守番ばかりだと退屈でストレスになることもあります。遊べる環境を整えてあげて、対策を練りましょう。

  • スキンシップが過剰または不足

猫の性格は様々なので、一概に言いきれません。しかし、人に構われるのが苦手な子が必要以上にかまわれすぎたり、甘えん坊なのに放っておかれた場合にはストレスになります。

スポンサーリンク



猫ちゃんのストレスの原因(環境の変化)

引っ越し

変化は猫の性格によりまして、ストレスの原因や強弱はちがいますが、環境の変化によるものが多いです。

引っ越しでなわばりが変化しましたり、家族構成の変化などもストレスに。

子猫は変化に適応しやすく、年を取るにつれて、環境の変化に影響を受けやすくなるよう。

スポンサーリンク



猫ちゃんがストレスを感じているサインを見逃さないで!

なめる

グルーミングは身づくろいのほかに、気持ちを落ち着かせる働きもあるのです。

特定の場所を執勘になめ継続する「過剰グルーミング」が見られましたら、 ストレスの実現性が。

さらに過剰グルーミングにより脱毛したときは、猫が強いストレス状態にあると考えられます。

ただ、何がしかの病気の可能性もあるため、自分だけで判断しないように注意しましょう。

スポンサーリンク



その他のストレスのサイン

◇普段と違う鳴き声

  • ふだんあまり鳴かない猫が鳴いたり
  • 普段と違う声で鳴く
  • 執念深く鳴いているなど。

原因を取り除けば鳴きやみます。

◇下痢、便秘など

ストレスで下痢や便秘を起こしやすくなるのでしょう。同居猫とのつながりで自由にトイレを使えずに、トイレ以外で排せつすることも。

◇布などを食べる

ストレスが原因で布を食べてしまうことも。ほかに狩猟本能の表れや、母猫のお乳を思い出して布を吸う延長で、布を食べちゃってしまうことも。

スポンサーリンク



ストレスを改善するポイント!

室内ねこ

① 原因を明確にする。

ストレスの治療には原因を突き止めることが重要です。

大きな変化だけでではなく、次にみようかな点に注意してチェックし、原因をはるかにしよう。

症状が現れる前に、ささいなことであったとしましても何か環境の変化がないでしたかをリストアップする。

原因が不明なときには専門家のカを借り、家族構成や生活習慣などさまざまなことを検討しましょう。

② 本来できる事をさせてあげる。

本来出来ることができないのは、嫌なことをさせられるよりも強いストレスに。

猫はグルーミングが好きな動物だから、洋服を着せて自由を奪うことは、 ストレスなってしまうことも。

③ 落ち着ける場所を用意する。

キャットタワーの上など、いざというときに逃げ込める場所があると、 ストレスを受けたときにそこに避難することの方ができ、改善も早まります。

スポンサーリンク



まとめ

猫ちゃんは急激な環境の変化が苦手です。

それは、人や場所、周囲の音など様々な要因が積み重なって、大きいストレスとなります。

そんな、猫ちゃんにいち早く察してあげて、対処してあげましょう!

そんな優しい飼い主様だったら、猫ちゃんもきっと幸せな生活を送れると思います♪

 

スポンサーリンク




おすすめの記事