【簡単解説】猫ちゃんのしつけ!困った行動をやめさせたいその時に!

猫のしつけに困っていたりしませんか?

乗っちゃいけない所に乗ったり、物を落としたり!

何度教えてもいう事を聞いてくれなかったり・・・

でもちょっとしたコツをつかんでしまえば、素直に覚えてくれたりします。

今回はその猫のしつけの考え方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




猫の「しつけ」とは飼い主が工夫をして覚えてもらうこと♪

 

猫ちゃんのしつけをする際に、勘違いされている人が多いのです。

猫ちゃんに「教えて覚えさせる」のではなく

飼い主が上がれない工夫や触れない工夫します。

猫に「ここは上がらないもの、これは触らないもの」という風に思ってもらいます。

これが猫のしつけです。

 

犬と猫では基本的に性格が違うのです。

 

犬は叱ったり褒めたりして何かを覚えさせることができますが、猫にはそれができません。

できるのは、触れない、上がれない状況を飼い主が作りだすことです。

そして「しない」ということを習慣化してもらうことです。

そのための工夫を飼い主がする。

それが猫のしつけなのです。

スポンサーリンク



猫との知恵比べだと思って、創意工夫しましょう。

 

上がって欲しくない場所には、そこに上がれない工夫をしてください。

たとえば棚の上に乗ってものを落とすなら、その棚へ物理的に近寄れないようにするのも方法です。

また猫は、乗るスペースがあると判断するから乗るのであり、スペースがないと思えば乗らないものです。

猫が乗るスペースがないほどに、ものを置いてしまうというのもひとつの方法です。

そうやって「上がれなく」すれば、猫一は「ここは上がれない」と納得します。

そして「上がれない状態」が続けば、そのうち「そこには上がらない」という習慣ができます。

そして、その習慣はなぜか、ずっと続きます。

猫とはそういう性格のもち主です。

スポンサーリンク



触ってはいけないもの、触ったら危険なものを触れなくする工夫の第一は、

それをどこかに収納してしまうことでしょう。

でも収納することは無理だというなら、ちょっと手の込んだ工夫を考えましょう。

「天罰式」といわれるもので、「触ると、とても不愉快なことが起こる」と知ってもらう方法です。

触ったとたん、「そばにあったものが大きな音とともに落下する」工夫を考えてください。

猫が触ったことが、その引き金になる方法でも置いいですし、人がタイミングよく落とせる工夫をするのもいいでしょう。

いずれにしろ、「触ったらとんでもないことが起きた」と思った猫は以後、懲りて触らなくなります。

そして、それが習慣化します。

 

猫のしつけは、猫との知恵比べのようなものです。

あまりイライラせず、頭の体操だと思い楽しみながら、

「お、今度はその手できたかぁ~」

「次はこの作戦でいこうか!」など

試行錯誤しながら猫ちゃんライフを楽しんでください♪

スポンサーリンク



猫のしつけのしかた

 

① 物理的にそれができなくなる工夫をする。

  • 猫の入るスペースを作らない。
  • 棚などを置いて経路をふさぐ。

 

② それをしたら天罰が落ちるような仕掛けをつくる。

  • 乗ったら落ちる仕掛け。
  • ガムテープを貼っておく。
  • して欲しくない所へ行ったら水スプレーをかける。

 

どうしてもうまくいかない時は、やり方を変える必要があります。

やめさせることばかり考えると、イライラするだけです。

そうなると、飼い主も猫ちゃんも不幸です。

色々やってダメなら「これは猫ちゃんがしていいこと」という風に頭を切り替えていきましょう。

スポンサーリンク



猫のしつけのまとめ

ねこちゃん

「猫のしつけのしかた」は、飼い主が工夫をしてそれを「しない」習慣をつけてもらうことです。

猫ちゃんは、犬と違って褒めたり叱ったりして覚えないです。

ですので、身体やその経験をもとに色々学習していきますので、猫ちゃんと一緒に遊びながらしつけを楽しみましょう♪

スポンサーリンク




おすすめの記事