【猫ちゃんの神秘】猫ちゃんの進化の過程から生活まで【簡単解説】

昔から人間の大切なパートナーだった猫ちゃん。

その歴史はとても長いものです。

猫ちゃんの歴史や生涯、種類、毛色など、猫の知識についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




猫の生活について!

 

young blue tabby maine coon cat playing with water in a metal bowl outdoors in the garden on a hot and sunny summer day

 

猫ちゃんって過去の歴史から現在にいたるまでどんな形で進化してきたのでしょうか?

そんな神秘的な内容を今回解説してきたいと思います。

 

猫ちゃんの祖先はリアビアヤマネコ

 

Gravure rupestre, Libye

 

祖先のリアビアヤマネコから受け継いだ習性や愛嬌が愛されて、世界中に広まりました。

家猫と外猫に分かれます。

現在、人と共に暮らす猫たちの祖先は、約13万年前に中東地域周辺にいたリビアヤマネコです。

小動物を獲物とする野生の肉食動物だったが、人が残した食品を目的に接近してきたと思われているのです。

その中でも人に懐きやすいリピアヤマネコが、 ペットとして人の社会に受け入れられていったのでした。

そうして、約3000年前から貿易船に乗せられ、ペットと積み荷をネズミから守る役割を兼ねて世界中に広まっていきました。

猫は犬よりも品種改良の歴史が浅く、品種改良の歴史が本格的に始まったのは約100年前です。

犬は300種類以上に分けられ、様々な特徴があるが、猫は約40~50種類と少なく、それぞれの特徴の差も少なめです。

しかしながら、雑種の頭数はとっても多く、個性的な動物といえます。

現在の猫は人の家で暮らす「家猫」と、 家と外を往来する「外猫」に分けられている。

家猫は病気やケガのリスクが少ないでしてしまったので健康で長寿の傾向があるので、近年推奨されている飼育方法です。

外猫は自由に活動できることがメリットですけど、 思わぬ事故に遭遇する危険があるので注意が必要です。

さらに、日本では地域の住民が外猫の世話をする「地域猫」の活動も進められています。

ネコ科の多くは群れを作らない単独行動の動物だから、  甘え上手な祖先を持つ現在の猫たちは、人と関わりながら生涯をともにする愛すべきパートナーになりました。

 

猫の生活【家猫】

 

Cat lying on the carpet in african country

 

家猫の生活スタイルは家族とともに過ごす時間が長いので、関係が深まりやすいと言えます。

住居と食事が用意されているのでのんびりと過ごす時間が多くなりがちです。

遊びで運動させることが大切です。

 

猫の生活【外猫】

 

wild cat in desert sit on stone and looking somewhere side ways

 

外猫は家と外を行き来する生活スタイルです。

小動物を追うなどの本能を満たせるメリットもあります。

しかし、猫同士の争いや事故でケガをする心配もあります。

ほぼ外で過ごす野良猫や地域猫もいます。

 

猫の生涯!

 

Beautiful short hair cat sitting on white table at home

 

健康的な生活が送れるように、年齢の変化に合わせたケアをしてあげる事が大切です。

猫は生まれてから数ヶ月の間に急激に成長し、1歳でほぼ成猫になるのでしょう。

性成熟期の前に去勢·避妊手術を行うと、成猫になってからも性差による変化がまったく現れません。

平均寿命は約16歳ですけど、20歳を越えても元気で長生きをする猫もいっぱいいます。

それでは順を追って解説していきたいと思います。

乳子期

 

子猫は生後7日前後で目が開き、10日前後に耳が聞こえるようになるでしょう。

20日頃には好奇心旺盛に周囲を探索します。

3ヶ月頃までに自立に必要なひととおりの行動を身につけるのです。

 

子猫期

 

兄弟猫や月齢が近い猫と活発にじゃれ合います。

成長するにしたがって、楽しい遊びよりも強さのアピールが目立つようになるのでしょう。

獲物を狙って捕らえるみたいな動作も始めます。

 

成猫期

 

去勢・避妊手術をしてもない場合、オスはたくましく、メスはややキャシャな体格に成長します。

成猫期が気力体力ともに充実した期間ですけど、遺伝性の疾患が現れることもあるのです。

 

老齢期

 

8歳を過ぎた頃から少しずつ老化の兆しが現れます。

健康ではあったとしましても、毛艶がなくなり、口臭が強くなるのでしょう。

動作が鈍くなる、などの身体的な衰えが見られるようになります。

 

猫の生態について

 

 

優れた感覚器と柔軟性を持つ猫はたくましさと繊細さを両立。

その秘密を紹介しましょう。

 

たくましさと繊細さを両立する。

 

Toyger cat on a cat show

 

猫は様々な行動や表情で気持ちを訴えます。「ボディランゲージ」と呼ばれる猫の表現です。

人みたいに複雑な感情ではありませんが、「安全」と「危険」の状況によって感情を表します。

さらに、その場の気分によって立場が変わることも、気まぐれと言い聞かさせられる理由のひとつでしょう。主な気分は、甘えたい「子猫」世話焼きの「親猫」、ゆっくりする「飼い猫」、狩りに目覚める「野生」という4種類です。

祖先のリビアヤマネコが単独行動をした名残でポディランゲージは友好よりも警戒や威嚇のほうが発達しているのです。

しかしながら、人と共生してきた長い歴史があるため、同居する人や動物と友好的に接することもできます。

猫のタイプ、 その時の気分、あいての態度、状況によって気持ちは変化します。

猫は1日約16時間の睡眠を必要とします。

犬は13時間前後、人は7時間前後なので猫はとっても長く眠る動物といえます。

長い睡眠の理由は明らかになっていませんが、野生で暮らしてました祖先のリビアヤマネコの習性の名残、という説が有力です。

野生のネコ科の多くは、狩猟に最適な明け方とタ方に活動して、日中はエネルギーを消費しないように休みます。

単独で狩猟するたくましさと、しぐさで訴えるボディランゲージの繊細さは人よりも優秀な感覚器と柔軟性のある身体から生まれます。

 スポンサーリンク




おすすめの記事