ベンガル

 

猫のしつけに困っていませんか?

あなたが上に乗ってはいけない場所で、物を落として!

何度言っても聞かない・・・

でも、ちょっとしたコツをつかめば、従順に覚えてくれますよ。

今回は、猫のしつけの考え方について 述べてみたいと思います。

スポンサーリンク




猫の「しつけ」とは飼い主が工夫をして覚えてもらうこと♪

 

Cute grey tabby cat in cardboard box on floor at home

 

猫のしつけを、勘違いしている人が多いです。

猫に「教えても覚えない」「教えても覚えない」ではなく、飼い主が触らないように工夫してみてください。

猫に「ここは上がらないもの、これは触らないもの」という風に思ってもらいます。

これが猫のしつけです。

 

猫の性格は基本的に犬とは違う

 

Portrait of a beautiful gray striped cat close up

 

犬に喧嘩をさせたり、褒めたり、何かを覚えさせたりすることはできますが、猫にはそれができません。

飼い主ができることはもちろんですが、立ち上がれない状況を作り出すことです。

そして、それを「しない」という習慣にしてもらうことです。

飼い主はその目的の発明をする。

猫のしつけです。

スポンサーリンク




 

猫との知恵比べだと思って、創意工夫しましょう。

 

 

上がって欲しくない場所には、そこに上がれない工夫をしてください。

たとえば棚の上に乗ってものを落とすなら、その棚へ物理的に近寄れないようにするのも方法です。

また猫は、乗るスペースがあると判断するから乗るのであり、スペースがないと思えば乗らないものです。

猫が乗るスペースがないほどに、ものを置いてしまうというのもひとつの方法です。

そうやって「上がれなく」すれば、猫一は「ここは上がれない」と納得します。

そして「上がれない状態」が続けば、そのうち「そこには上がらない」という習慣ができます。

そして、その習慣はなぜか、ずっと続きます。

猫とはそういう性格のもち主です。

 

 天罰タイプの仕掛け

 

Beautiful cute orange cat

 

触ってはいけないもの、触ったら危険なものを触らないようにするための工夫のひとつ。

どこかに保管してきましょう。

しかし、収納のことを考えると無理であるならば、少し手の込んだ発明品をを考えましょう。

天罰タイプで「触ると非常に不愉快なものがある」と言って知ってもらう方法です。

触ったらすぐに「近くにあったものが大きな音を立てて落ちる」という発明を考えてみてください。

猫が触ったことをきっかけにする方法ですが、置物もいいですし、人をタイムリーに落下するように工夫するのもいいでしょう。

とにかく「触ったら大変なことになった」と思った猫は、その後懲りて触らなくなります。

そしてそれが習慣になります。

猫のしつけは、猫と知恵を競うようなものです。

あまりイライラせず、頭の体操だと思いながらも、楽しそうにしています。

"今回はお母さん、私は手で来ました"

"次はこの作戦で行きましょうか!"

試行錯誤しながら猫ライフを楽しんでくださいね♪(*^^*)

スポンサーリンク




猫のしつけの仕方のおすすめ2選

 

Red kitten

 

① 物理的にそれができなくなる工夫をする。

  • 猫の入るスペースを作らない。
  • 棚などを置いて経路をふさぐ。

 

② それをしたら天罰が落ちるような仕掛けをつくる。

  • 乗ったら落ちる仕掛け。
  • ガムテープを貼っておく。
  • して欲しくない所へ行ったら水スプレーをかける。

 

うまくいかないときは、やり方を変えることが必要です。

それを止めることだけを考えていると、イライラするだけです。

そうすると、飼い主としては、猫も不幸になります。

いろいろな方法でやってみて、良くないときは「猫はこうしていいんだ」という風に頭を変えていきます。

スポンサーリンク




猫のしつけのまとめ

 

Portrait of a funny beautiful red fluffy cat with green eyes in the interior, pets

 

猫のしつけとは、飼い主が「猫のしつけ方」を工夫して「しない」習慣に触れてもらうことです。

猫は犬と違って褒めて叱っても覚えてくれません。

なので、猫と遊びながら、体や色々な経験を元にして、しつけを楽しんでいきましょう♪。

 

スポンサーリンク




おすすめの記事