ダルメシアン

 

ディズニーのキャラクターでで有名なダルメシアン。

その独特のウシ柄模様は、とても可愛らしくいつまでも見ていられますね。

今回はそんなダルメシアンについてご紹介していきたいと思います。

 

今回の記事はこんな人にオススメ

  • ダルメシアンの事が知りたい!
  • ダルメシアンが大好き!
  • ダルメシアンってなんで他の人にはなつかないんだろう?

スポンサーリンク


ダルメシアンの性格や特徴について!

 

食いしん坊でいつも元気いっぱいのダルメシアン。

そんな愛らしいダルメシアンの性格や特徴について早速解説していきたいと思います。

 

ダルメシアンの性格

 

ダルメシアンの性格

  • 家族対して明るくて陽気。
  • 警戒心が強く、頑固。
  • 運動することが大好き。

 

ダルメシアンは身内において明るくで懐こく振舞いますが、警戒心が強力で関係のない人や他犬にはあまりなつきません。

そして、頑固で一歩も譲らない点があるのです。

とても活動的でスタミナ、基礎体力があるのです。

もとよりは馬車と共に移動するのが役目であったので、動くということが凄い好きで、若い犬でしたら10㎞以上の移動距離だとしても楽しんで走り回ります。

 

一口メモ

  • 遊ぶことが大好きなのでいっぱい遊んであげましょう!

 

ダルメシアンの特徴

 

ダルメシアンの特徴

  • ウシ柄の毛並みが特徴的。
  • 大型犬の中でも小柄なほう。
  • 先天的な聴覚障害がある。

 

ダルメシアンは白地にいくつもの斑点である個性的な毛並みでよく知られている大型犬になります。

垂れ耳で、ストレスのない短毛で覆われた筋肉質な外見です。

大型犬ではありますがいくらかちっちゃいので、中型犬にわけている国もあるのです。

体高はオス56~61cm、メス54~59cm、体重はオス約27~32kg、メス約24~29kgが一般的だとされています。

ダルメシアンは先天性聴覚障害がとりわけ多い犬種で、米国の調査にて全体の20%が片耳もしくは両耳が聞き取れないというような統計も存在します。

この理由は、毛色の白の遺伝子によって引き起こされる事柄で、斑の色や性別には影響されず発症します。

ブルーアイの個体ではとても生じやすく、パッチ(斑点の面積が大き目なもの)の見られる個体では現れにくいという性質があります。

 

一口メモ

  • 外見はとても可愛らしい一面もありますが、先天的な聴覚障害あるなど難しい一面もある。

スポンサーリンク


ダルメシアンの歴史

 

ダルメシアンが誕生した場所は、欧州の数か所や、エジプト、インドなどと言われていて、この何処にもそれらしい資料が存在するので、何処で誕生した犬というのはまだはっきりとしていません。

18世紀の中頃には、今のクロアチアであるダルメシア地域でもそれらしい犬がいたと記されていたので、以後にダルメシアンと言われているようになりました。

これよりかつて14世紀あたりからの資料にも、このような犬種っぽいもののはあったそうですが、実際のところ定かでないというわけです。

美術作品的には16世紀にかけて、書籍では18世紀になると、ようやくきちんとしたダルメシアンと理解できる犬の資料が記録されていたのです。

出自がわからない原因として、ダルメシアンはジプシーや旅商人の犬としいろんな場所に出向いていたので多くの資料が存在したからという見解があるのです。

ともあれ、馬と一緒に駆け回り、積み荷を警護するのがダルメシアンの職務だったのです。

けれどこの他にも、番犬、猟犬、ネズミの退治犬だったり、人の生活と一緒の場所でいくつもの役目をもたらされ、賢明にやり遂げてきたとのことです。

こういった作業能力のバラエティさも、ダルメシアンの出生をわからなくしている原因の一つですが、現在のダルメシアンも馬においては安心して、こわがらずに親しんでいく個体いっぱいいるので、旅する人達の伴走犬だったというような見解が確かだとされています。

原産地は判明していないものの、19世紀終り頃がくると英国で犬種基準が規定されました。

そしてその綺麗な外見から、現在では英国からスタートし欧州各国で富裕層や上流階級の犬という立場でもてはやされました。

そしてダルメシアンを早急に犬種の許可した英国では、上流階級が保有する四輪馬車の伴走をする外観の優美さに注目が集まったのです。

20世紀頃になると、クルマの流通にて、馬車の伴走犬ではダルメシアンは役割がなくなってしてしまい、以前のようなブームが去ってしまったのです。

それ以降、ダルメシアンをキャラクターとしたディズニー映画『101』のヒットで、普通の家庭だとしても多くの飼われることになっていました。

けれど、あいにくこの犬種固有の聴覚障害で飼育の簡単ではない個体もいっぱいいて、飼い切れなくなって手放されてしまうというような反発があり、流行はその時だけのはやりとして終わっていました。

なお、米国からは映画『101』以前より、ダルメシアンは消防署のマスコットだったりしますが、この理由は自動車がない現代から、消防馬車の伴走犬として勤務していた経過からくるもです。

スポンサーリンク


ダルメシアンは聡明や神経質だったりするの?

ダルメシアンは聡明で愛情深いけど神経質

 

ダルメシアンの聡明で神経質な理由

  • 活発で身体を動かすのが好き。
  • 聡明で優しい。
  • 神経質なのは猟犬として扱われていたため。

 

スタミナもあって、とてもアクティブな犬種ですので、外で楽しむことが好きな犬種

何事にも興味深々なので、違うおもちゃをあげると大変喜びます。

一方で、神経質な性格や、警戒心がしっかりしたので、身内とは別の縁のない人や他の犬に攻撃的な態度を示す時もあります。

そして、聡明で記憶力もありだと言われ、育成もやりやすいだと言われています。

けれど、記憶力が好ましいというのは、いい事も理解していたら、悪い事も頭にある、ということになります。

飼主様に非難を受けたり、叱る場合に大きい声でいつも怒鳴られたりすることで、そこを意識して飼主様に警戒心を感じ取るはめになってしまいがちです。

ダルメシアンに触れ合う際は、プレッシャーや恐怖を植えつけないようにお気をつけください。

 

一口メモ

  • 神経質や警戒心が強いので、番犬に向いているとも言えます。

スポンサーリンク


ダルメシアンの性格や特徴について!聡明や神経質だったりするの?まとめ

 

ダルメシアン

 

ダルメシアンについていかがだったでしょうか?

101匹のワンちゃんで有名になったダルメシアンは飼っていても、見ているだけでもその外見から癒されますよね。

特に、飼主様に対してはとても信頼してくれるとても愛らしい一面があります。

ダルメシアンが愛らしく接してくれるように、日々の飼主様とのしつけをしっかりとしなければなりません。

是非、お互いの関係を築いてあげてくださいね。

 

この記事の内容がダルメシアンとダルメシアンが好きな人のお役に立てれば何よりだと思っております

最後まで記事をお読みいただき誠にありがとうございました。

 

スポンサーリンク


おすすめの記事