放し飼いから室内飼いに!?徐々にならすべき?

自由に外にだしていたうちの猫を室内飼いに変更。

でも、出たがってしかたありません・・・

ときどき外に出して、出す回数をだんだん減らしたり、散歩させるなど少しずつ慣らした方がいいのかなぁ・・・?

こんな事を考えている方にお勧めの内容になっています。

それでは早速コメントしたいと思います。

スポンサーリンク




外に出す回数を減らすなどの方法は逆効果です。

 

Domestic cat. Polignano a mare. Puglia. Italy.

 

部屋の外で放し飼いにしていた猫を変えるのは大変なことで、大きな根気と配慮が必要です。

これは、自分のなわばりを、よほどの事がない限り放棄しようとはしないからです。

最初は我慢する回数を減らして、たまには散歩させるという方法がありますが、逆効果です。

外出するたびに自分のテリトリーを意識していることを再確認しているので、いつまで経っても部屋の外にでなくなります。

 

引っ越しを利用するのが一番の良作!覚えておきましょう♪

 

Portrait Of Ginger Cat Lying On Metal Grate

 

実は引っ越しには室内飼いのチャンスも含まれている。

知らない土地に行くので、自分のテリトリーをゼロにリセットして、猫は一度だけ、改めてなわばりを作り直さずにはいられません。

これは100%問題なく成功します。

猫は一度引っ越しのために縄張りを失ってしまいますが、近くに優しい飼い主さんがいてくれれば、安心も食べ物も見つけることができますので、何の問題もありません。

猫の縄張り意識は野生動物としての本能ですが、環境条件によっては他にも可能になります。

この原理を利用すれば、数ヶ月間引っ越しさせて、室内飼い いをし、再び家に戻す方法も考えられますが、あまり現実的とは言えません。

部屋を今の家のままにしておくために、「出てきたい」と言って何でも猫を呼んで変えようとしても、絶対に外出させない方法しかありません。

 

the cat is sitting on the ground on the ancient street

 

 

そういった意味では、根気と思いやりが不可欠です。

飼い主さんには、「出して欲しい」と言う猫を無視し続けることは大変です。

猫を幸せにするための強い意志が必要です。

 

猫の気をそらすための努力も必要です。

ここでの楽しい遊びは少ないと思って、猫と遊ぶ時間を十分にとり、猫に「家の中にいるだけで楽しい」と思わせる。

結果的に失敗してしまう方もいますが、我慢できずにいることもあるかもしれません。

放牧が他の人に走るかどうかは十分に知られないように迷惑を考えた上で、ご近所さんとのコミュニケーションを取るように配慮しましょう

また、今後お引越しをされる方は、ぜひこの機会にお部屋をキープするように変えてみてください。

引っ越した日から絶対に外に出してはいけません。

また、「期間の入院があった」時の頭の猫には、それがチャンスだと思って、室内飼いへのシフトを考えてみてください。

成功をお祈りしております。

スポンサーリンク




 

放し飼いのリスクは肝に銘じておいて!

 

放し飼いは、交通事故や病気の感染はリスクが高いだけでなく、他のホームサイトに排泄するなど近隣に迷惑をかけてしまい、トラブルの根回しをしてしまう可能性があります。

 

まとめ

 


猫の放し飼いから部屋に切り替える時に、猫にとっては、少しずつ馴染ませていくものですが、すでに縄張りを作ってしまっていると正直難しいです。

やはり、猫は自分の縄張りを確認するだけなので、完全に断ち切ることが大切です。

放牧はお互いに病気の感染リスクがあるので、放し飼いの時はお互いに気をつけましょう

 

スポンサーリンク




 

おすすめの記事