ゴールデンレトリバー

日本国内でも人気が高いゴールデンレトリバー。

しかし、日本の生活スタイル的にその大きい身体では中々飼えないという方は多いと思います。

ただ、ゴールデンレトリバーの性格を知れば知るほど、一緒にいてこれ以上に癒される犬種はいないと思えるほどの温厚で優しい性格をしています。

今回はそんなゴールデンレトリバーについてご紹介していきたいと思います。

 

今回の記事はこんな人にオススメ

  • ゴールデンレトリバーを知りたい!
  • ゴールデンレトリバーって嫉妬深いの?
  • ゴールデンレトリバーが大好き♪

スポンサーリンク


ゴールデンレトリバーの性格や特徴について

ゴールデンレトリバーの性格について

 

ゴールデンレトリバーの性格

  • 利口で空気が読める。
  • 家族に愛情深い。
  • いつまでも子供心がある。

 

ゴールデンレトリバーはすごく利口で和やかで、推測力があって、人間でも犬でも社交的であります。

身内においてすごく愛情深く、アナタの近くにいたがるのです。

アクティブな遊び好きこのんでいます。

その他のレトリバー種類に比べメンタル的にいくらかこどもっぽい部分があり、喜び過ぎてにはしゃいだりアツくなることと思います。

きちんとしつけられたゴールデンレトリバーは、お子様の遊び相手にもなります

 

一口メモ

  • しっかりとしつけて家族で仲良く暮しましょう!

 

スポンサーリンク


ゴールデンレトリバーの特徴について

 

ゴールデンレトリバーの特徴

  • 身体つきがとてもしっかりしている。
  • だいたい体高の大きさは60㎝くらい。
  • 垂れ耳でアーモンドアイ。
ゴールデンレトリバーは体高より体長がいくらか長く、すごく安定した体格であると言えます。
  • オスは体高58~61cm、体重29~34kg
  • メスは体高54~57cm、体重24~29kg
が理想的とされいます。
 
垂れ耳で、眼はアーモンド型になります。

一口メモ

  • 身体はかなりがっしりしている。

ゴールデンレトリバーの歴史について

 

ゴールデンレトリバー

 

19世紀までのゴールデンレトリバーの経歴は、しっかりとわかりません。

ニューファンドランドとウェイビー・コーテッドレトリバーの繁殖してうまれた黄色い長毛の犬をベースに、英国の伯爵によって作出されたことが、根本にある過去の記載であります。

それ以降、伯爵はツウィード・ウォーター・スパニエルを繁殖し、誕生した犬をベースとしてアイリッシュ・セッターやブラッドハウンドという風に繁殖を積み重ね、19世紀終わりに今のゴールデンレトリバーに概ね一緒の形となったというわけです。

ウェイビー・コーテッドレトリバーは、ラブラドールレトリバーのベースとなったセント・ジョンズレトリバーとセッターといった犬種と繁殖することによって作出され、その他に改善されたあと、今のフラット・コーテッドレトリバーになったのです。

そして、ツウィード・ウォーター・スパニエルは19世紀の終わりごろにもうすでに失われていたのです。

見た目がそっくりなこととその利口さ、人間と友好的で社交的な気質で英国原産だということによりラブラドールレトリバーの長毛タイプと勘違いされる傾向も強いと思われますが、上記で述べたようにゴールデンレトリバーはラブラドールレトリバーとは出生が違っています。

ラブラドールレトリバーといった見た目のまるで違うところの一つに、頭蓋骨の形が存在します。アイリッシュ・セッターやフラット・コーテッドレトリバー、ゴールデンレトリバーからは頭蓋骨がとがったようなカタチがありますが、ラブラドールレトリバーからはあまり見られません。

手足に飾り毛の密着した長毛は3犬種に一緒のです。

こういう点からしても、様々な犬種との血縁の近さが想定されます。

1903年に、イギリスケンネルクラブに一番最初に認可されたする最中、ゴールデンレトリバーはフラットコート・ゴールデンというようなネーミングを与えられていたのです。

フラット・コーテッドレトリバーは1864年によってもう十分犬種とし固定化し、展示会でも出展していましたので、このことと区分するからこそ1911年にはゴールデンレトリバー、もしくはイエローレトリバーというようなネーミングに修正になったわけです。

以後にイエローが消去されて、1920年にゴールデンレトリバーというネーミングに確立されたということなのです。

スポンサーリンク


ゴールデンレトリバーは聡明だけど嫉妬や欠点あるの?

 

 

ゴールデンレトリバーはとても聡明である反面、嫉妬深いところが欠点?と思われているカラがいますが、実はそんなことありません。

ゴールデンレトリバーは嫉妬深いのは、飼主に対してとても従順だからなのです。

ですので、今回はゴールデンレトリバーの 聡明なところや、嫉妬深いところについて解説していきたいと思います。

 

ゴールデンレトリバーの聡明と言われる理由

 

ゴールデンレトリバーの聡明の理由

  • 空気が読めるのは、人間への共感力が高いから。
  • 人間の表情から気持ちを汲み取ってくれる能力があるから。
  • 指示がなくても自主的に考えることができるから。

ゴールデンレトリバーは、それ以外の犬種とは違って人間が大好きで、人間に対する共感性に優れているので、人間の顔から気持ちを汲み取ることができるのです。

指令に気がつく以外にも人間の顔色によって、どこが良くないことなのかな、いかにすれば楽しんで頂けるのか指示を出すよりも前に意識し働く事ができるのです。

知的能力の秀でているボーダコリー、ジャーマンシェードは、人間に関する共感性はあまりなく、命令はきっちりとおこないますが、顔色から見極めることはできません。

ゴールデンレトリバーが本来の人間が大好きだからこそ可能性がある技だと言えます。

一口メモ

  • ゴールデンレトリバーは利口なだけでなく、共感力もあるから。
スポンサーリンク


ゴールデンレトリバーは嫉妬深かったり欠点ってあるの?

 

ゴールデンレトリバーの嫉妬深い理由

  • 子供心が抜けないから。
  • 甘えん坊だから。
  • 飼主との絆を大切にしたいという気持ちが強いから。
 正直、ゴールデンレトリバーは嫉妬深いところがタマに傷というか、欠点だったりもします。
しかし、これは飼主に従順でゴールデンレトリバー唯一といっていいほどのユニークなと所だったりもします。
上記の動画のように、とても飼主に甘えたい、いい仕事をして褒められたいという気持ちが強いので、そこを欠点と思わずに、ゴールデンレトリバーの素直で可愛らしい部分と受け止めてあげてくださいね。

一口メモ

  • 飼主との関係性を大切にしているからこそ、嫉妬深いのであった。

スポンサーリンク


ゴールデンレトリバーの性格や特徴!聡明だけど嫉妬や欠点のまとめ

 

ゴールデンレトリバー

 

ゴールデンレトリバーの性格や特徴についていかがだったでしょうか?

日本では生活環境のおかげもあって、なかなか大型犬は飼いにくいと思いますが、ゴールデンレトリバーの魅力は飼っていなくても、その姿はとても可愛らしい一面があります。

聡明で甘えん坊で嫉妬深い、けれでもとても飼主に尽くしてくれるゴールデンレトリバー。

 

この記事がゴールデンレトリバーやゴールデンレトリバーが好きな人のお役に立てれば何よりだと思っております。

最後まで記事をお読みいただき誠にありがとうございます。

 

スポンサーリンク


 

おすすめの記事