グレートビレニーズ

 

グレートビレニーズをご存知でしょうか?

真っ白でとても可愛らしい犬種で、その姿は子犬から成犬まで全く見飽きることのないグレートビレニーズ。

そんなグレートビレニーズの性格や特徴、SNSなどで人気の画像などをご紹介したいと思います。

 

今回の記事はこんな人にオススメ

  • グレートビレニーズの好きな人。
  • グレートビレニーズの事をもっと知りたい人!
  • 街で見かけたけど、どんな感じなんだろう?と思った人!

スポンサードリンク




グレートビレニーズの性格や特徴について

 

上記の動画であるように、真っ白な毛並みはまるで天使みたいで可愛らしいですよね。

ついつい時間を忘れさせてくれます。

それでは早速グレートビレニーズの性格や特徴について解説していきたいと思います。

 

グレートビレニーズの性格

 

グレートビレニーズの性格

  • 元々、番犬や牧羊犬として交配された犬種。
  • 警戒心は強い。
  • 自主性がある。

 

グレートピレニーズはおおがらでエレガントな見た目からゆったりとした気質を考えられる可能性も高い犬種だと思いますが、実際は違う一面もいっぱい見て取れる犬種になります。

今までは番犬、牧羊犬の立場での役割りを期待されて、防衛能力と運動能力の改善を目標に交配されていました。

警戒心が協力がこういった気質はここ何年かの交配によって弱められているものの、全部なくなったのではなく、個体差が出ます。

グレートピレニーズは推測力もあって、1人で読み解く力があるので、飼主より予測して認識をしようとおこなうことがあるのです。

 

一口メモ

  • 自主性が高いので、甘やかしてしまうと言う事を聞かなくなる可能性もあります。

スポンサーリンク


グレートビレニーズの特徴

 

グレートビレニーズの特徴

  • 運動能力が高い。
  • 概ね75㎝くらい。
  • 狼爪である。

 

グレートピレニーズは大柄な体型をしていますが、動きは機敏で、優美でインパクトある外観をしているのです。

体長は体高よりやや長く、ガッチリな骨格で大き目な頭に垂れ耳、ダブルコートの厚い毛で覆われた大型犬になります。

基準となる体高はオス70~80cm、メス65~75cmとのことです。

他の犬からでは誕生したすぐ後で切り落とされてしまう狼爪が、うしろ足に2本残ったのが基準であると言えます。

家庭犬ということで生きていくにあたっては狼爪が存在する理由ございませんので、現在では切り落とされることなども増加しているというわけです。

 

一口メモ

  • もともと、番犬などで交配されたので鋭い爪を持っている。

 

グレートビレニーズの歴史

 

欧州の山岳地帯では古来から、純白の毛色が見られる大き目な犬がいるのです。

イタリアにてマレンマ・シープドッグ、ハンガリーではクーバース、近年でも健在の牧羊犬になるピレニアン・マスティフ、またグレートピレニーズになります。

こういった中において一番年数が昔ののものはマレンマ・シープドッグ(マレンマーノ)としていて、グレートピレニーズの先祖犬においてもマレンマーノがあったのが想定されているのです。

それはさておきさかのぼる紀元6世紀あたり、遊牧民や行商人にて中央アジアもしくはシベリアから流入して来たチベタン・マスティフ風の大型犬が、グレートピレニーズの初めての先祖と言われています。

グレートピレニーズは作出スタートから、山岳の牧羊犬もしくは番犬の役割を果たしてきたそうです。

そして大き目な巨体と警戒心の激しさで、家畜をターゲットにする熊や狼を追い払い、また争う役割を果たしていたわけです。

このような白くて大き目な犬は、17世紀がくるとフランス宮廷に出迎えられ、ルイ14世やマリー・アントワネットの愛情を注がれて警護犬とし職を持つことになりました。

おおがらで白くふさふさとし優美で、忠誠心がしっかりしたグレートピレニーズは、フランス王家の公式犬になって、内側と外側の富裕層の建物で、可憐で強い番犬ということで迎えられました。

犬好きで周知される英国のビクトリア女王も、1850年代にピレニーズを扱っていたそうです。

ほどなくご時世が移り変わって、山岳にて狼や熊というような自然動物が減少し、富裕層だとしても犬による護衛が実施され無くなると、グレートピレニーズの注目も着実に減少し、原産国フランス内でも絶滅目前と言われている時期もあったのです。

そうした中、山岳地帯でずっと生きていたピレニーズ達が愛好者によって探し出され、彼たちをベースに改良交配が施されることになりたのです。

19世紀の後半では一番最初に英国にて認定の犬種とし申請がなされて、本国フランスからは、20世紀開始にかけ愛好者達の手によってスタンダード(犬種標準)になったのです。

米国では一部のピレニーズ達が早い時代にニューファンドランド作出の基礎犬ということで入りたのですが、20世紀前半に積極的に輸入がなされて、アメリカンケネルクラブでも登録されることとなったのです。

山を下りたピレニーズ達は、家庭犬に相応しいように、いき過ぎた警戒心を取り去って、そのままの状態の外見で純白の毛色がいっぱいになるように交配していました。

けれど、白色遺伝子は近親交配によって体格を小さくするように働くので、現在ではグレーやイエロー、オレンジというような斑が入る個体も交配に組み入れることが多いです。

スポンサードリンク




グレートビレニーズのかわいい画像のご紹介!

グレートビレニーズ

グレートビレニーズの特徴はなんといっても純白の毛並みと愛らしい外見ですよね!

そんなグレートビレニーズの画像を集めてきました!

スポンサードリンク




グレートビレニーズのかわいい画像【Twitter編】

 

 

親子で一緒に居る姿はとても愛らしくてついみとれちゃいますよね。

すごく癒されちゃいますよね( *´艸`)

 

やっぱり成犬になると大きくなりますね。

実際に置きあがったら、人間くらいの大きさになりそうですね!

 

グレートビレニーズのかわいい画像【インスタ編】

 

 

公園にいるグレートビレニーズがとても綺麗に見えますね!

こんな天気のいい日に散歩ができたらとても有意義ですよね😊

 

 

上目遣いのグレートビレニーズが凄くかわいらしいですよね。

スポンサードリンク




グレートビレニーズの性格や特徴について!かわいい犬の画像をご紹介のまとめ


グレートビレニーズの性格や特徴、可愛い画像についていかがだったでしょうか?

外見は大らかですが、猟犬や番犬の気質もありますので、時には飼主様にとって頼もしいパートナーに変わることもあります。

そして、猟犬や番犬の気質があるからこそ、しっかりとしつけを行って、一緒にいて癒される愛犬にしてあげましょう!

 

この記事の内容が、グレートビレニーズとグレートビレニーズの好きな人のお役に立てれば何よりだと思っております。

最後まで記事をお読みいただき誠にありがとうございます。

 

スポンサードリンク




おすすめの記事