1匹でいるのと多頭飼い・・・猫ちゃんはどっちが幸せなの?

ひとり暮らしで猫を一匹飼っています。

留守にすることも多いので、「この子は、今の生活で幸せなのか?」と考えてしまいます。

やはり、多頭飼いの方が幸せなのかな・・・

と思っている飼い主様に今回の記事を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




ほかの猫がいる事を嫌うのが猫の本来の姿です!

飼われる環境や猫の性格によって違いましていますから、一概には言えません。

ケースバイケースです。

いつもだれかが家にいる家庭なら、1匹でも複数でも猫は幸せに暮らせるのでしょう。

ただ、ほかの猫といっしょに暮らすことを好む性格の猫であればです。

というのも猫は元来、単独生活者つまり、ほかの猫がいることを嫌うのが本来の姿なんです。

でも食糧が十分にあれば複数で仲よく暮らせるものでしょう。

実際、多頭飼いで幸せに暮らしてる猫はたくさんいます。

ただし、それほどでもほかの猫と暮らすことを嫌う猫はいます。

そういう猫は、多頭飼いに大きなストレスを感じます。

1匹だけでいたほうがずっと幸せだといえます。

一方、留守にする時間の長い家庭では、複数で飼ったほうが猫も飼い主も幸せだといえます。

長時間、ひとりで留守番をする猫の暮らしは、あまりにも刺激がなさすぎるからです。

猫どうしのつき合いがあったほうが楽しいでしょう。

飼い主にとっても、「ひとりで退屈ではないだろうか」と心配するより「猫どうしで遊んでいる」と思えるほうが気持ちのうえでも楽です。

飼い主の精神状態は、猫に影響しますから、飼い主が平穏な気持ちでいることは大切なことなの留守がちの家庭が猫を飼うときには、「きょうだい猫などを最初から複数で入手するのがいい方法です。

1匹だけで飼いはじめ途中でもう1匹増やそうとしましても、ほかの猫とうまくやっていけない性格かもそのためです。

子猫のときからとともに暮らしたりする猫どうしなら、いつまでもとともに暮らせます。

スポンサーリンク



猫を増やすなら猫の性格をよく見極めてから!

1匹だけで飼われる猫は、飼い主と強い絆を結びます。

多頭飼いの猫は、猫どうしのつき合いと飼い主に対するつき合いとを使い分けるのです。

より親密な猫との関係を望むなら1匹だけで飼うのがいいでしょう。

ややクールにつき合いたいなら2匹以上で飼うのがオススメです。

飼育環境やどういうつき合いを望むかによりまして、最初から計画を立てたいものでしょう。

そうして、もし途中で猫を増やそうと考える場合は、おのおの猫の性格をよく見極めて決断することの方が大切です。

スポンサーリンク



同居当初に先に住んでいた猫がストレスで体調不良になることも!

あとから猫を増やすと、猫たちは最初は戸惑うもの。

多頭飼いをしてる方々のエピソードをご紹介します。

先に住んでいた猫が1歳のときに、子猫がやってきました。

初対面で先に住んでいた猫が「フーッ!」と威かく。

同居5日目からは先に住んでいた猫が寝ない、食べない、トイレも拒否するように。

さらに脱毛、鼻血などの体調不良にもなり心配してしまった。

そこから、少しずつ距離を縮め、トイレを共用するためになったころから遊ぶように。

今はきょうだいみたいに仲よしです。

このように、あとから猫を増やすと、猫たちは最初は戸惑います。

1ヶ月間はどうしても警戒をしてしうので、うまく住み分けを出来る環境を作ってあげましょう!

スポンサーリンク



猫ちゃんは単独行動をしていたが、今では多頭飼いもできます!

猫は本来、おとなになると単独生活をします。

そこは、 「大勢でいたら食糧が足りない」からです。

ですから、母猫は成長した子猫を住みかから追い出し、新しいナワバリを作らせます。

しかしながら、飼い猫の場合は何匹で暮らそうと飼い主が十分な食糧を用意してくれるのでしょう。

家の中に昼寝場所も安全な隠れ場所もあるのです。

食糧を確保やるめのなわばり争いをする必要がなくなりましたため、今の時代の猫は群れで暮らすことは可能になっていたんです。

食事の心配がなく、 飼い主の愛情を受けまして子猫気分が続く今の時代の猫は、 群れの生活も出来るようになりました。

ただ、その猫の性格や、猫どうしの相性によっては、多頭飼いがストレスなってしまうこともあろうことは知っておくこと。

よく考えてから2匹目を迎えよう!

ほかの猫の存在自体をストレスに感じ、体調を崩してしまう猫もいます。

猫どうしの仲が良くならないでしたときに別々の部屋で飼えるのかケンカだケンカだ熟考して、2匹目を迎えるのがベター。

可能なら1週間ほどの「お試し期間」を設け、仲よくなれそうか判断するとよいでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

猫ちゃんは、もともと単独生活をしていた動物です。

その経緯経過は、集団で暮らすことにより、自分が得られる食料が少なくなるので、自分にとって得体の知れないものに非常に警戒します。

ですので、基本は一匹の方がいいです。

しかし現代では、その心配がないので一緒に暮らしも問題ない猫ちゃんもいます。

多頭飼いする際には猫ちゃんの特性を知って、タイミングをみて一緒に暮らすようにしましょう!

スポンサーリンク




 

おすすめの記事