飼い猫が人の食べ物をほしがるようになっちゃった!

お菓子やアイス、ケーキ、ごはんなどあげればたべるので面白がって与えていたらなんでも欲しくなっちゃった!

なーんてことありませんか?

人の食べ物の味を覚えると、テーブルの上の食べ物を狙ったり、ゴミ箱をあさるなど、誤食の危険も増えます。

人の健康管理には人のやり方がありますが、猫ちゃんには猫ちゃんの健康管理方法があります。

そんなちょっとしたことを今回は解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




ひとはひと!猫ちゃんには猫ちゃんの栄養学がある!

栄養学

う~んちょっと参りましたね・・・

人間の食べ物を食計べるクセがついてしまうでしょうと将来、やっかいなことになりかねません。

家「族全員、一致団結して「人間の食品は絶対に与えない」というルールを作り、全員で守りましょう。

そして、人間が食べてるものをほしがるクセを、猫に忘れてもらいましょう。

人間と猫では、体が必要とする栄備養素が違うのです。

人間と同じものを猫が食べ続けたら、猫に必要な栄養素は足らず、猫には不必要な栄養園素はとりすぎてしまうのだということを、まず頭に入れてください。

人には人の栄養学が、猫には猫の栄養学があるわけです。

スポンサーリンク



過剰な塩分や糖分は猫の健康をむしばみます!

キャットフード

まず問題なのは塩分です。

猫は人ほど塩分を必要とはしませんから、人間用に味つけをされましたものは猫にとって、塩分が多すぎます。

塩分のとりすぎが病気の原因になるのは人も猫も同じこと。

特に猫は年を取る問と腎臓の病気になりやすい動物です。

腎臓が悪くなり、人の食品を与えないようにすると考えても、そこは至難の技です。

突然、もらえなくなる猫もかわいそうです。

与えない習慣を作ることが大切なのです。

もらう習慣がなければ、猫にほしがる習慣になりません。

スポンサーリンク



甘いものも問題です。

人間は主に炭水化物からエネルギー源を得ると一いう体の仕組みがあります。

人は炭水化物を消化吸収するカをもっています。

一方、猫はたんぱく質と脂質から工ネ儿キ一源を得ています。

よって炭水化物の消化吸収能力はあまりもちあわせていません。

多量に摂取すると、咽吐や下痢などを起こす実現性もあるのです。

砂糖は炭水化物つまり、猫にとって栄養学的に不適切です。

そもそも我々が甘いものを「おいしい」と感じるのは、炭水化物からエネルギーを得ているからで、猫は砂糖の甘味を感じないばばかりか「美味しい」とも思いません。

家族が食事をするときには、まず猫に食事を与え、おなかを一杯してからにしましょう。

おやつは、猫がほしがる習慣が消えるまで、家族全員、食べないでください。

どうしても食べちゃったいときは、外食にしてください。

人が何かを食べちゃっていても無関心になるまで、がんばってください。

猫に元気で長生きをしてもらうために、ある意味、とっても大切なことです。

心してがんばりましょう。

スポンサーリンク



必要な栄養バランスの違い【ヒト・イヌ・ネコ】

 

ヒト・イヌ・ネコの必要な栄養バランスについて説明したいと思います。

ヒト イヌ ネコ
ごはんなどの炭水化物が主な栄養源! 肉食から雑食へ。人間に近い食性に♪ 肉食のまま!たんぱく質が多く必要!
人がとても多く必要とすることが炭水化物。
その為主食はごはんやパンなどです。
猫は炭水化物をあまり必要としていない。
さらに、猫は人より消化出来る成分が多くないので、人には問題ないとしましても猫には危険な食品も多くあるのです。
犬はもともと肉食性でしたが、人間と長い間暮らしたなかで雑食性に変化。
三大栄養素のバランスは人とよく似ていますのです。
つまり、猫にドッグフードを与えてもダメ。
キャットフードなら猫に必要な栄養がすべて含まれているのです。
もともと肉食性の猫は、雑食性の人や犬よりもたんぱく質を多く必要と体内で合成できず食品かします。
らとる必要のある「必須アミノ酸」の種類も人より多く、それらが不足すると目に障害が起きたり、心臓疾患を引き起こすこともあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



正しい食事をしていないとなりやすい病気

キャットフード

間違った食事は多くの病気を招きますが、その中でも特に注意したい代表的な病気を紹介したいと思います。

  •  慢性腎不全

腎臓の機能が少しずつ失われ、体内の老廃物を排出できなくなる病気。
猫はもともとこの病気になりやすく、年齢とともに発症率が上がります。
多飲多尿がまず症状として現れます。

  • 黄色脂肪症

アジやイワシ、サバなどの青魚ばかり食べ継続するとビタミンE不足となって、皮下脂肪が酸化して炎症を起こす病気。
発熱や痛みがあって、体に触られるのをいやがるようになるのでしょう。

  • 肥満

肥満自体は病気ではないが、糖尿病や関節炎、心臓疾患などすべての病気を引き起こします。
今の時代の猫は食べ過ぎが多く、肥満が多かったりするのが現状。
正確な給餌量を把握しよう。

スポンサーリンク



まとめ

キャットフード

ねこちゃんが可愛くてつい、自分の食べているものを上げてしまう・・・

でも、そこはストップ!

猫ちゃんにとっての危険な食べ物だって一杯あるんです!

猫ちゃんはそれを知らないで食べちゃうので、それを知っている飼い主さんが、猫ちゃんを守ってあげましょう!

スポンサーリンク




おすすめの記事