アメリカンショートヘアの性格や特徴について!模様や見た目について

 

猫好きでない人でも名前を知っている人が多い、アメリカンショートヘア。

通称「アメショ」「アメショー」と呼ばれ、日本だけでではなくアメリカでも人気ナンバーワンの猫種です。

見た目だけでなく、性格もとっても猫っぽくて魅力的ということであるよ。

そうしたアメリカンショートヘアの魅力を解説していきたいと思います。

 

今回の記事はこんな人にオススメ

アメショーが大好きな人。
アメショーの事をもっと知りたい人。
アメショーの飼い方をどうしてるんだろう?と思っている人。

 

 

スポンサーリンク




アメリカンショートヘアとは

アメリカンショートヘア

その名の通り、アメリカ出身の短い毛がびっしりと生えた猫、アメリカン・ショートヘアは、ちゃんととした体つきが特徴です。

瞳はくりんとしたアーモンド型。

その瞳に見つめられると、なんとなく抱きしめたくなるみたいな可愛らしさが特徴です。

アメリカンショートヘアの子猫は特に注目があって、見た目のかわいさと誰からも愛させられる性格が理由の一つです。

人間が大好きで人なつっこく、家族みんなと仲良く暮らすことができます。

またアメリカンショートヘアは頭が良かったので、飼い主に何かを訴えたいときに以外は無駄に泣くことは少ありません。

スポンサーリンク



アメリカンショートヘアの歴史

アメリカンショートヘア

日本でも大変人気のあるアメリカンショートヘアは、イギリスのブリティッシュショートヘアが直系の祖先猫です。

ブリティッシュショートヘアは大変古い歴史の猫で、ヨーロッパヤマネコがイギリスでスコットランドヤマネコとなって、変わったものと思われているのです。

ブリティッシュショートヘアはメイフラワー号に乗って、移民と共にアメリカに入りました。

この時の猫たちがアメリカンショートヘアの土台となりましたと思われています。

彼らはペットとして入ってきたのでではなく、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われておりました。

ペット向きではない強い面があるが、ハンターとしましては大変優秀で、すべての農場や家庭で求められた。

彼らの子孫は交雑があったにもかかわらず、50ドルから100ドルで売られていたと言い伝えられています。

この時代はまだ、愛玩目的の純血種として求められていなかったため、行われていた異種猫との交雑により、アメリカンショートヘアは遺伝疾患の多くない頑健な体を得ることができたと思われています。

アメリカの農業が大々的化し、穀物管理の手法が発展すると、ハンターとしましての猫たちはお役御免になってしまいました。

しかしながら、特徴的な銀灰色のクラシックタビーの美しさに魅せられました愛好家の手によりまして、品種確立を目指して育種させられることになりました。

アメリカでは1895年のキャットショーでデビューしてたが、この時のカタログには1000ドルの値段がつき、さらに翌年の1896年のショーでは2500ドルの値が付くほど注目が上昇してましたとされます。

アメリカの愛猫団体であるCFAは、1906年創設時に登録した5猫種のひとつとして採用してしまったが、この時の名前は単に「ショートヘア」とされまして、他の短毛猫とひとくくりにされてたようです。

そこから、愛好家により性能・容姿・性格におきまして選択交配による改良が続けられた結果、1966年にはアメリカンショートヘアと改名された。

日本に入ってきたのは1980年以降とされますが、日本猫とは違うパターンのタビーや気質、丈夫な体質に、熱心な愛好家が増え継続しています。

1996年、単猫種愛好家クラブとしてアメリカンショートヘアクラブジャパンがCFAに認可させられるまでになりました。

スポンサーリンク



アメリカンショートヘアの特徴

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアは中型のセミコビーで、脚が大きくがっちりとした体格です。ややスクエアな顔立ちで、しっぽは長く、短毛ながら厚い被毛に覆われています。

体重はオス4~7kgでメスはやや小さめです。

アメリカンショートヘアの性格

アメリカンショートヘアは基礎的には明るく賢い性格です。

やや慎重で、家族以外の人間には警戒心を出すことも多いみたいです。

より自立心の強い祖先猫であるブリティッシュショートヘアの影響が強い個体もいますが、この場合は家族からでもベタベタと触られることを嫌がる傾向があるのです。

アメリカンショートヘアの飼い方

アメリカンショートヘアは、純血猫として品種が確立してから家庭猫として改良が続いてきたものの、優秀なハンターの資質は健在です。

バタバタと走り回って遊ぶことは、彼らの心身の健康のために欠かせません。

特に若猫時代は、十分なおもちゃで遊んでやり、しっかしたキャットタワーを用意してあげましょう。

やや太りっぽい傾向があるのなので、食事管理も大事です。

ブリティッシュショートヘアの性格を引き継いだ、触られるのを嫌がるタイプの個体がいますが、気を引こうとおやつを与えすぎるのは、良いことではないです。

短毛で被毛は厚いものの、手入れは楽です。

換毛期にはちゃんととブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

アメリカンショートヘアの毛色

アメリカンショートヘアは日本では銀灰色のクラシックタビーがよく知られていますが、黒、白、銀、クリーム色、赤、茶色、青など非常に多くの毛色があり、タビーでないソリッドカラーや、ホワイトとのバイカラーもあります。

スポンサーリンク



アメリカン・ショートヘアが注意したい病気

アメリカンショートヘア

アメリカン・ショートヘアは、肥大型心筋症や尿管結石といった病気を発症する可能性が高い傾向にあります。

そのうちも、どの猫にも発症する恐れがある病気だから、万が一に備えてどういうな病気なのか熟知していることが大切です。

症状の進行を遅らせ、長くあわせて過ごすためには、早期発見・早期治療が欠かせません。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は、猫に多い心臓病のひとつです。

若いころから発症する場合もあるが、基礎的には高年齢で多く、オスの方がかかりやすいと言い伝えられているのです。

病気が進むと、心不全を起こしましたり、大動脈血栓塞栓症により後ろ足が麻痺するといった症状により、突然死する危険性もあるのです。

病気が進行してから気づくことが多い病気なので、安定的な聴診や胸部レントゲン、心臓のエコー検査などで健診を行い、必要に対応して、症状が出る前からケアしてあげることが重要です。

スポンサーリンク



膀胱結石

膀胱結石とは、膀胱内で尿中のミネラルが結晶化(石みたいに目に可視化となった状態)し、膀胱の中に結石が生じる病気で、猫では珍しくない病気のひとつです。

猫たちは元々、水を飲む量が多くはないとされまして、それが結石を引き起こす主な原因のひとつと言い伝えられますが、食事やストレス、肥満も原因と思われているのです。

体内に異物が生じるため、痛みは相当なものでしょう。

さらに、酷くなると、ぜんぜん尿が出なくなってしまいましたとしてまして尿毒症を起こしましたり、血尿が出たりするのです。

予防には 、水を飲ませることと、トイレを我慢やらせないように環境と整えてあげること、バランスのよいフードをもたらすことのほか、ちゃんとと運動させることが大切です。

普段からおしっこの様子をチェックして異変が起こった時に早々に気づいてあげれるようにしましょう。

スポンサーリンク




おすすめの記事