私の猫ちゃんを紹介したいのに・・・お客さんが来ると怖がります><

うちの猫ちゃんは、家にお客さんが来ると押入れの奥の方に入ってしまい、お客さんがいる間は出てこようとしません。

飼い主としては、もっと人に慣れて欲しいのですが、どうすればいいのでしょうか・・・?

と思っている方に今回は解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




努力次第で怖がらなくなるの可能性は・・・あります!

子猫のときから、しょっちゅう来客人見のある家で暮らしているそしたら、だれが来ても平気な顔をしてる猫になりますが、そうでないならば人見知りする猫なってしまうことも多々あるのです。

でもそれは、 ある意味猫の性格ですし、治すべきるのでものでもないでしょう。

「人に慣れてわけでほしい」と思われますのは飼い主の希望でしかなく、猫にとりまして、それが幸せとかどうかは疑問です。

猫を尊重するなら、人見知りの性格をそのまんま受け入れてあげるべきでしょう。

「しかし、それじゃ寂しい!」と心底思われますのなら、気をつけるべき点はなくもないです。

うまくいけば、あいさつくらい出来る猫に変身で家人ときるかもしれない。

最初に、飼い主も来客も、絶対に猫に興味を示さないことなのです。

声もかけず、猫のほうを見ることもなく、ひたすらのんびりと座って、おしゃべりを続けます。

出来るだけ来客には動かないでくださってください。

もし猫が押し入れから出てきても、絶対に見てはいけません。

気づかないふりをすることの方が大切です。

問違いましても、隠れた押し入れに首をつっ込んで「出ておいでよ」などと実践してはいけない。

スポンサーリンク



なるべく「いつもと同じ雰囲気」を心がけて!

人見知りをする猫は、 他人に見られることが恐怖なんです。

見知らぬ人の視線は猫にとりまして 、敵意の表れからだ。

さらに来客中のいつもと違う雰囲気が、ますます恐怖をつのらせるのです。

だから押し入れに逃げ込むわけですけど、 それで「出ておいでよ~」とやられましたら、ますます怖がってしまいます。

無理やり引っぱり出されました日には

もう、「客=恐怖」として定着します。

逆効果です。

玄関のチャイムが鳴っただけで、恐怖に巻き込まれていることになりましてしまいましているのです。

「できるだけいつもと同じ雰囲気」を装うことが必要なんです。

来客にも、家人と同じような動きと雰囲気をかもし出すように頼みましょう。

そこからは、 時の流れを待つのみです。

年を取るに見つれて猫の性格は変わります。

ニブクなるのかもしれない。

大物になるのかもしれません。

とIにかく、 動じなくなることが多くなったのでIす。

付け加えると、うちの猫は 2匹とも、8歳を過ぎたころから「人が大好き、他人でも大好き」に変わってしまった。

なーんてこともあります。

客人の顔の前にデンと座り、「わたしを実問かまって!いい子いい子して」と要求してくることもあるでしょう。

スポンサーリンク



猫が出てこない場合は!

  • そのまんま放っておく(OK)

猫に過度のストレスがかかりません。猫自身が「大丈夫だ」と納得するまでそっとしておいて。時間をかけて経験させていけば、猫も顔を出してもらうようになるかもしれません。

  • 無理やり引っばり出す(NG)

猫に関しては来客は、猫のなわばりである家への侵入者。その侵入者に怖がってる猫を無理やり会わせるのは、恐怖をあおるみたいなもの。ますます怖がりになりましてしまうかも。

スポンサーリンク



まとめ

猫ちゃんが怖がって来客者に合わないのは、自分の縄張りに侵入者が入ってきてると思うからです。

なぜなら、飼い主は親しい友人かもしれませんが、猫ちゃんは全くの知らない人です。

それが怖がる原因になりますので、猫ちゃんのペースに合わせて少しずつ距離を縮めて、お互いになりましょう!

 

スポンサーリンク




おすすめの記事