【超カワイイ♪】スコティッシュ・フォールド【折れ耳の猫】プロ

"スコ座り"がなんともほのぼのとして、可愛らしいスコティッシュフォールド☆その様子から性格はおっとりとしているのでは?というイメージが強いかと思います。ですが「実際のところどうなのかな?」と疑問に思う方もいるかと思います。

そこで今回はスコティッシュフォールドの性格や飼う上での注意点について、解説していきたいと思います!




 

スコティッシュフォールドの性格は本当におっとり?

のんびりとしている様に見えるスコティッシュフォールド、通称スコ。実際性格はどうなのかというと、やはりイメージ通り穏やかです。そしてさらにおっとりとしたイメージを与えているのは、スコの運動量が少ないから。あまり動かなければ、誰もがそのイメージを持つでしょうね!

それでは、そんな癒し系のスコティッシュフォールドの魅力を見ていきましょう!

多頭飼いにも基本的に向いている♪

スコティッシュいっぱい

その穏やかな性格から多頭飼いでもうまくやれる子が多いと言われています!また動じない性格から子供ともうまくやれる可能性が高い為、お子さんがいる家庭にもおすすめです!基本的に先住猫がスコの場合は穏やかに迎えてくれることが多いので、さほど心配はいらないでしょう。

鳴き声も小さくて可愛い♪

今や猫を飼う人は多くなってきていて、鳴き声に関しても理解されるようにはなってきたものの、やはり発情期などは声が大きくなってしまったりもして、気になってしまうもの。やはり近隣住民とは波風立てずやっていきたいですよね・・・。

そんな時でも、スコティッシュフォールドは鳴き声が小さいのでおすすめです!可愛らしい声には癒し効果もあり、魅力倍増ですね!ただしストレスがあったり、甘えたかったり、病気になっている時などはたくさん鳴くこともあります。注意して見ていてあげましょう。

甘えん坊さんで遊び好き♪

基本的に家族と一緒にいることを好む子が多いので、たくさんスキンシップを取りたい方にはおすすめです!ちなみに性格はオスとメスで多少違いがあり、オスの方が甘えん坊さんでメスの方がツンデレです☆




スコの悲しい現実、注意しなければならない病気とは?

スコは今や多くの人に愛され、常に人気ランキング上位にランクインしていますが、その人気の裏には悲しい現実があります。それは遺伝性の病気である骨軟骨異形成症という病気が関係しています。

スコティッシュフォールドの起源はスージーという折れ耳の猫と言われています。今いるスコは全てスージーの子孫ということになりますね!このスージーの折れ耳は、実を言うと突然変異によって生まれた形成不全。ですから形成不全を人為的に作ってしまっていることになります。

なぜスコ座りをするのか?

スコ座り

折れ耳が形成不全だということはわかって頂けたかと思いますが、それとスコ座りは関係があるのではないかと言われています。スコ座りは関節などの形成不全により手や足に体重がかかると痛みを感じてしまう為、仕方なくあの座り方になるのでは?と言われているんです。

スコの中にも折れ耳と垂れ耳がいる

立ち耳と垂れ耳

子猫の時には皆立ち耳です。折れ耳か垂れ耳かがわかるのは、生後3~4週間ごろと言われて確率は30%。今は動物愛護団体が垂れ耳は残酷だからやめるべきだと広めてきてはいますが、やはり垂れ耳が人気の為垂れ耳を交配し続けるブリーダーも現実問題まだまだ多いようです。

折れ耳になるとほぼ100%何かしらの症状が出ると言われており、その症状、痛みは一生続くと言われています。特に折れ耳同士はそれが顕著に出ますし、折れ耳同士の交配はそもそも禁忌です。ブリーダーから買う場合にはちゃんと親を見せてもらうなどのチェックをしましょう。

垂れ耳の子は外耳炎にも注意

垂れ耳の子は耳の中が蒸れやすいので、外耳炎にも注意が必要です。特に夏は注意をし、臭いがきつくないか、かゆがったりしていないかなどを見ていてあげましょう。

他に注意が必要な病気を言うと、肥満などが挙げられます。これは運動量が少ないからですね。特にオスは甘えん坊さんの為、甘やかしすぎると肥満になってしまうことがあります。可愛いのはわかりますが、肥満になってしまうと心臓病などにかかるリスクも出てくるので注意しましょう。

またスコには立ち耳がいると言いましたが、実は被毛についても短毛長毛とがいます。長毛の場合は毛が絡まりやすく、毛玉や毛球症のリスクがある為、被毛の手入れを欠かさないようにしましょう。スコはダブルコートなので、換毛期の抜け毛にはそれなりに対処が必要になってきます。




スコは王道の癒し系!

 

スコティッシュフォールドの人気の裏には悲しい現実もあり、それに対する理解は必要ではあるものの、基本的に性格が良く癒し系なことは確かで、家族が多い家庭にはもってこいの子です。

しっかりとした知識を持って、迎えた以上は家族としてたくさん愛情をかけて育ててあげましょう!きっと一家の癒しになること間違いなしですよ♪

 

おすすめの記事