アイキャッチ

嗅覚で猫は春の訪れを察知

 

cat

 

猫をよく見ると季節の節目を感じます。

春が近づき、暖かくなってくると猫は体を低くしてお腹を見せて全開で寝そべってくる。

そんな猫の姿を見ていると、春が来たのかと思うほど気温の変化がありました。

また、春といえば、見る世界が鮮やかに色づき始める季節。

そして、春になると長くなるのが桜の便りでしょう。

満開の桜と猫というシチュエーションも素敵ですが、散った桜と猫が最高です。

散歩をしている猫に会うとため息が出て、立ち止まる気配もなく、ただそこだけが時の流れだと思ってのんびりと桜の嵐の中を歩いている。

猫は人と違って桜の木を喜ばないのかもしれない。

しかし、鋭い嗅覚は猫の何十万倍と言われるほど季節の違いを取り入れているようです。

家で飼われている猫は窓を開けると、窓際をまっすぐに嗅ぎまわる嗅覚を持っています。

"あ、空気の匂いが変わった"

そう感じるのかもしれません。

そう思うと、春になると困ったことになるかもしれない。

暖かくなってきたら猫が外に出たがって部屋に風を入れに来てくれるかどうか、サッシを釘で開けてしまうかもしれないので油断はできない。

相手は猫ですから、いくら言っても効果はありません。これは気をつけないわけにはいきません。

また、春らしくなってくると外でも猫の姿が際立ってくるような気がします。

寒くて厳しい時期を過ぎ、活発になる方は人も猫も同じでしょう。

外を歩くのが気持ちいいこの時期、猫は屋根の上や公園の積極的なだまりでゆっくりとのんびりとしたまどろみを愛でている姿が目に浮かびます。

そんなことから猫をよく観察していると、季節の変わり目を感じることができる。

そしてその姿を見ていると、春の素晴らしい季節だと思う。

スポンサーリンク

 




夏ならではの猫との触れ合い

 

Portrait of a funny cat wearing sunglasses lying in a basket outdoors in summer. Cat enjoying summer and looking at the sun

 

夏猫はゆるい。

無防備にお腹を見せて手足を伸ばしてぐっすり眠っています。

そんな猫がいるところが、家の中で一番涼しくて居心地がいい。

実際、猫の近くに行くと確かに涼しい。

しかし、日本の夏は暑い。

猫が確実に暑くなると、乗るとひんやりするクールマットを用意して、涼しい玄関に設置しました。

しかし、猫は...マットをよく避けるために床が縦長に横たわっている。

わかっていても、猫の気持ちは人間が思うようには変わらないようです。

さらに、夏猫といえば、冬猫とは見た目も感触も微妙に違います。

最初は見た目です。

冬用の下毛が乾燥しているのか、ワンサイズ細身。

次に手を触る。

撫でると直接手のひらに、背骨のサンクとした感触が伝わってきます。

冬は明らかに違う。

この変化を楽しめるのは夏ならではの快感。

夏ならではの猫との触れ合いがもう一つ。

おそらく日本の猛暑が長引いた夏は、猫も暑いのでしょう。

でも、飼い主さんの近くには痛みがある。

そう思っている猫は、背中やお尻、前足の先、後ろ足の先を静かに人体に貼り付けながらリラックスしているのかもしれません。

いくつかの体が離れていても、飼い主に足の先をくっつけながら寝ています。

さすがに足であれば、背中やお尻がついていても大丈夫なのですが、この汗もいくつか。

なぜそこまでコンタクトを要求するのでしょうか?と思うのですが、普段は無愛想な愛猫にそんな風に扱われていたら、だらしなくされてしまいますが、飼い主さんもそのままです。

これは夏にしか味わえない猫との過ごし方や楽しみ方も含まれているので、これはこれで悪くないと思います。

スポンサーリンク

 




換毛期になるとそれとなく訪れる猫の嘔吐と果てなき戦い。

 

Little siamese kitten walking outdoor on the fallen leaves in the autumn garden

 

最近は日本の春とともに秋が短く感じます。

それでも秋真っ只中になると猫の脱皮期がやってきて、セーターやコートの準備をする時期になります。

夏には毛が抜けて冬の寒さ用の柔らかい毛が生えてきます。

人間は自分で衣替えをするのですが...。

猫の体は本当によく伸びます。

猫の体は本当によく育つ。

脱皮期に向けて、できるだけブラッシングをしてあげないと

グルーミングによる抜け毛の飲み込みで、あちこちで嘔吐。

それに、嘔吐する場所を猫に合わせて考えているのでしょうか?

ベッドの底や背中、テレビボードの人目につかないところで吐いています。

考慮はいいのですが、除去が非常に大きいので、少なくともそれを嘔吐するために立っている場所を望んでいます。

それを学べば、排泄物は緊密であるが、...

嘔吐の際の自由気ままさは一体なんなのか。

それは.........何かの気配を感じて、色々な意味で努力して準備することです。

こんな時まで翻弄してくるとは、猫恐るべし。

また、だんだん陽が短くなり、家の中で過ごす時間が増える秋には、暑くもなく寒くもなく、猫と快適に過ごせる時間が増えてきます。

猫が暖かさを逃さないように、寒くなってくるといつの間にか丸くなり始めます。

一般的には、気温が15度以下の時に体を丸めに来ることが多いです。

というか、体温が15度以下になると体を丸めてくるのが一般的です。

また、寝るときに布団の上で猫がする機会が増えるのが秋の奈良です。

足の間に収まって腰の横で丸まって、お腹の上で十分に寝ることもある。

布団の中の暖かさだけを取っています。

少し寒くなると猫が布団の中に入ってくることが猫飼いの密かな楽しみだ。

 

スポンサーリンク

 




 

冬は猫の温もりであったか時間が過ぎていく

 

kitten sleeps on a sweater

 

寒い季節になると憂鬱になりがちですが、猫の暖かさがとても嬉しくなる気持ちもあります。

最初は温かさを求めて膝の上に猫がいる時が増えます。

膝をポンポン叩いたり、「おいで」と言ったり、ぴょんと跳ねたりして、膝の上に重さを感じ、だんだんと暖かくなってきます。

そうなったら動くことすら講踏してしまう。

率直に言えば重いのですが、猫を撫でながら「これが冬ならではの強力な魅力だ」と思いながら楽しく眠っています。

冬猫が布団に入る。

何度か体の位置をぐるぐると変えて、落ち着く場所を見つけたのか腕の中でゴロゴロと喉を鳴らし始めます。

そして呼吸のタイミングが少し長くなり、いつの間にか寝てしまう。

猫を飼うために猫と一緒に寝かせている冬は、猫を飼うために猫を連れて行き、毎日至福の時を味わえる時間です。

そして目覚めれば、腕の中の猫。朝から幸せを味わえるのだから、堪らない。

これが起きても猫が起きる気配がないときは、二度寝&遅刻しそうになることが多い。

猫が早起きしてひだまりで暖を取ることもありますが、それはそれで楽しいものです。

起きて猫の体で触っていると空気が冷たくなるけど、猫の体は温かくてほっぺがとろける。

そうそう、コタツがあれば温かくなりながらも安心して横になっている姿が目に浮かぶ。

暖房が入らない部屋の中で、行くと丸くなって横になっているあの姿が可愛い。

一緒に暮らしている猫がいると、二匹が寄り添っている姿を強く求めてくる。

四季がある

四季折々の猫を楽しめると思うと

四季のある国は猫と触れ合えるユートピアだったと思います。

スポンサーリンク

 




あの日の出会いがあったから、君との1年は幸せの連続

 

猫とお坊さん

 

人間も正月休みには新たに一年を過ごそうとしています。

では猫はどうだろうか。

おそらく私は正月休みとは認識していないだろう。

猫は本能のままに自由にハードな日々を過ごしている。

しかし、人間は猫と一緒に一年が確実に薄れていくことに気づく。

猫が寒ければ最初は体温維持のために丸まって、暖かければ温熱放射のために手足を伸ばして全力で寝そべっています。

その姿を見るだけでも季節の変化を実感できます。

また、猫がお腹を見せて無防備に横たわっている姿がとても可愛い。

また、窓を開けて部屋に風を入れに来ると、涼しい場所を探して前足を背負い頻りに寝そべるようになります。

また、2月22日の8月8日は「猫の日」の「世界描の日」に存在することが重要な日で、描好が来ることになっている。

この日だと、SNSは猫の画像で埋め尽くされます。

夏には半年に一度の冬と猫祭り。

さらに、ハロウィンの時期には黒猫モチーフのグッズが目立ってきます。

猫がいると、一年の変化を感じることができます。

でもやっぱり一年の中で一番印象に残っているのは、猫と出会った日のこと。

今でも運命の瞬間が目に焼き付いている人は多いのではないでしょうか。

出会いと小さな命に責任を持つ決意をした後、猫との生活が始まります。

確かに猫はそんな出会いの日であることを覚えていません。

しかし、特別な日を一緒に迎えることが今年の飼い主さんにとって最大の幸せです。

来年も大切な記念日を一緒に過ごしながら、この後も色あせない日々を過ごしていきたいと心の中で思っています。

スポンサーリンク
 

 




あとがき

 

Domestic life with cat

 

猫が近くにいてくれると、なぜかほっとします。

それはなぜか…

犬も当然可愛いし癒されます。

しかし、猫との違いは犬は群れをつくる生き物で、猫は群れをつくらない生き物です。

ですので、落ち込んでいる時に近くにいてくれるのは、ねこが一緒にいたいと思ったからです。

そんな、本音で付き合える頼もしいパートナーと一緒に一年過ごせたら、とても幸せですね。

 

おすすめの記事