シェットランドシープドッグ

 

とても優雅な毛並みのシェットランドシープドック・・・通称シェルティ。

ボーダーコリーに匹敵するくらいの賢さを兼ね備えいて、共感性も高いので飼い主にとってとても頼りになる犬種です。

そんなシェットランドシープドックの性格や特徴や寿命について今回解説していきたいと思いますので宜しくお願い致します。

スポンサードリンク




シェットランドシープドックの性格や特徴!

 

 

 

シェットランドシープドックと公園でよく遊んでいる姿をみると、その姿は美しく見ているだけでも飽きません。

そして、とても賢い性格をしているので、しつけ以外にも芸や遊びなども教えてるととても従順に対応します。

そんなシェットランドシープドックの性格について解説していきたいと思います。

 

シェットランドシープドックの性格

 

シェットランドシープドックの性格

  • 共感力が強く、人間の気持ちがわかる。
  • 空気が読める。
  • 警戒心は強いので、番犬向き。

 

シェルティは活動的で感覚が強くて、また細やかな一面を見せます。服従性が高くて、状況を見分ける知力と認識力があるのです。

そして、牧羊犬時代の特質で警戒心が強力で吠えるので、番犬の役割を担う事ができるのです。

 

一口メモ

  • 犬種の中でもかなり賢いので、しつけた分それにこたえてくれます。

 

シェットランドシープドックの特徴

 

シェットランドシープドックの性格

  • 筋肉質でフットワークがいい。
  • 長毛でモフモフしている。
  • 体高は33㎝~40.5㎝を超えないことが望ましい。

 

シェルティは体長が体高にくらべてそこそこ長く、筋肉質で身軽であります。胸は船形で深く、鼻は長く、耳は前面に向いていて、先頭が前に折れているものがベストだとされています。

小さいコリーだとされていますが、ラフ・コリーと違って足と胴体のつり合いや首の場所といった外見が異なってくるので、ストレートに大きくしてもラフ・コリーの見た目にはならないのです。そして、頭蓋骨にて鼻根と目の間がストップが見られるのが基準だとされていますが、ラフ・コリーにはないのです。

首周辺から胸にわたって襟巻という優雅な装飾毛が存在します。そして、総合的にオスの方が毛の量がいっぱいある傾向にあるようです。

シェルティの体格に関しては、国内ではオスの体高37cm、メスでは35.5cmが基準と見なされていて、33cm以下、最大でも40.5cmよりも大きいことは好ましくないといわれています。シェルティは作出から100年近く経過した現代でもいまだにサイズが安定していないため、繁殖犬の基準となるスタンダードからでは、とりわけサイズというわけ各国でハードな基準が確立されています。

 

一口メモ

  • 毛は長いためかなり、ケアの必要が高い。

スポンサードリンク




シェットランドシープドックの歴史

 

この長いネーミングをコンパクトにして「シェルティ」というような愛称でお馴染みのシェットランドシープドッグは、英国・スコットランド地域のシェットランド諸島原産の牧羊犬になります。

先祖犬はラフ・コリーやボーダー・コリーと一緒スピッツやスパニエルから作出された牧羊犬と言われています。英国本国のスコットランド地域に拡がっていたボーダー・コリーとは違い、シェルティは天候の荒いシェットランド諸島でくらしていたのです。牧草地はゆとりなく、大地はやせており、家畜も小さめの大きさだったため、すぐそこに適応する様に起用が進行し、シェルティも小型化したと言われています。

似たような牧羊犬だと言えますが、ボーダー・コリーが家畜をかき集めて導き動かすというのに対し、シェルティは家畜が牧草地に隣接した畑に混ざって畑や作物を荒らさ無いように、吠えて監視する役目だったのです。

長い期間シェットランド諸島だけで生活していたシェルティは、19世紀末頃がくると、その島を伺っていた英国海軍の兵士達にて、本国に持ち帰られることになりました。その時代注目されているラフ・コリーと繁殖することから見た目が似る事態になったが、体格がでかくなってしまったのです。ですので、ポメラニアンやキング・チャールズスパニエルらとの交配で体格を小さく戻されて、綺麗な姿とより人間に印象のよい特性が高められいました。

このような道筋によってシェルティは以前のような、シェットランド・コリーと称されていたそうですが、このような名前にラフ・コリーの犬種団体が抗議を唱えたので、シェットランド・シープドッグとされる名称になったのです。

20世紀に入って今のシェルティという様な姿にも改善が進んでいくと、ラフ・コリー似の気品のある見た目とうまれつきの賢さ、すばしっこさ、身内に関しての思いやりの深さといったところが各国で高い評価を得ることになりました。

自主的に見定める知力と周囲への状況に対する理解力もあって、運動能力が優秀で服従性に優れたため、アジリティといったドッグスポーツやオビディエンス(服従訓練)でも大奮闘して、ボーダー・コリーが見られる前に、いつもシェルティが上位ランクに入賞している程でした。ちなみに、今では牧羊犬とし扱われている実例はあまり見られなくなったそうです。

スポンサードリンク




シェットランドシープドックの寿命ってどのくらいなの?

 

シェットランドシープドックって実際の寿命ってどのくらいなのでしょうか?

実は意外と短命だったりします。

それは犬種ならではというわけではなく、他の要因もあるからです。

そんなシェットランドシープドックの寿命について解説していきます。

 

シェットランドシープドックの平均寿命ってどのくらいなの?

 

シェットランドシープドックの平均寿命

平均寿命は12歳くらい。
犬種の中でもやや短め。
病気で寿命を迎えるケースが多い。

 

シェットランドシープドッグの平均寿命は12~13歳だと言われています。

因みに、中型犬以外の平均寿命をは、

  • 小型犬(チワワ等)平均寿命が13~15歳
  • 大型犬(レトリバー等)平均寿命が11~13歳

とされているので、シェットランドシープドッグは短命であるように感じます。

これについては、遺伝病といった先天性疾患や、後天的な病気の発症危険性が別の犬種と見比べていっぱいあるといったことが影響しています。

疾患についての確実な防護や早めの発見、日頃の管理などすることでは平均寿命よりも長寿になるという事は十分できるというわけです。

 

一口メモ

  • 病気や疾患が多いからこそ、日頃のケアをしっかりしてあげよう!

スポンサードリンク




シェットランドシープドックの性格や特徴!寿命ってどのくらいなの?のまとめ

 

シェットランドシープドックの性格や特徴、寿命についていかがだったでしょうか。

気品高く、聡明で、一緒にくらしていると凄く癒されるシェットランドシープドックですが、意外な理由で短命だったりします。

しかし、それはしつけと一緒で日頃のケアや管理で一宮らでも一緒に居れる期間を延ばすことができるのです。

そして、一緒にいれる期間が長いと言う事は、当然飼主様の努力であり、シェットランドシープドックの思いやる気持ちが強いと言う事でもあります。

 

この記事の内容が、シェットランドシープドックとシェットランドシープドックの好きな人のお役に立てれば何よりだと思っております。

最後まで記事をお読みいただき誠にありがとうございます。

 

スポンサードリンク




おすすめの記事