トイプードル

皆さんはトイプードルの性格や特徴についてご存知でしょうか?

ペットの中でも物凄く人気がある、トイプードル。

落ち着きがない性格ってなんなんだろう?

今回はそんなトイプードルの性格や特徴について記事をまとめてみました!

 

今回の記事はこんな人にオススメ

  • 自分のあったペットを探したい!
  • トイプードルを買ってみたいけどどんな性格なんだろう?
  • 人気があってかわいいけど、自分に合っているのかな?

スポンサーリンク


トイプードルの特徴について

トイプードル

 

トイプードルは体長と体高が一緒くらいのスクエアな体型で、オリジナルのカールがある被毛で覆われいると思われます。


プードルは国内ではジャパンケネルクラブの犬種標準で4つの種類に区分けされており、トイプードルは体高では24~28cmが一定レベルであると言えます。

トイプードルの特徴の歴史的背景

プードルには・・・

  • スタンダード
  • ミディアム
  • ミニチュア
  • トイ

の4種類があります。

犬種ではどれもこれも同じプードルだとされます。
大きさが異なってくるだけで体型は一緒であると、性質的にも体格が異なるところこと以外にひとつひとつの点がほとんど無いこと、かつこういったサイズの成立した時期が歴史的に不明であることから、同じ犬種となっています。

プードルはフランスの代表となる犬で、歴史の上では誕生はロシアそして中央アジア北部で、欧州を横断し地域の犬と交雑されつつ拡大し、最終的にはドイツの方よりフランスへ入ったと考えることがいま一般的な説だそうです。

初期段階のプードルは、まったくもっての使役犬で、荷車を引き、水猟犬ということでカモ狩りに勤めていたそうです。
ドイツで猟犬として勤務しいた彼たちは、フランスでも最初は猟犬ということで入りましたが、ここ何年かでにはもう十分大きさの多様性ありました。
トイプードルがいつあたりから見つかったのかを現わすものということで、15世紀のドイツの画家、アルブレヒト・デューラーの版画と一緒に、オリジナル性の高いカットをなされたミニチュアプードルもしくはトイプードルがかったコンパクトな犬が現れました。

17世紀になると、コンパクトサイズに開発されたトイプードルが、フランスの高い身分の人達のあいだで愛玩犬という立場で高い人気を誇っています。18世紀には画家ゴヤの絵に出演し、イギリスの貴族からもよく知られていると記載されているということでした。

一般向け以外のプードルたちも、愛玩犬とは限らず、人間のために利用される犬としても活躍していました。
一つの例として、高級食材トリュフが自生している場所を探索するプードルは、ミニチュアまたはトイプードルで、この仕事はイギリスから始まりフランス、スペインなどでも広まりました。

トイプードルには器用な面があるため、サーカスなどの見世物にも扱われていました。プードルは様々な目的で使役され、その場に合った大きさの改良をされてきたものことも考えられます。
そして近年の日本では、毛がなかなか抜けないことで病院などを行くアニマルアシステッドセラピー犬として、また、警察犬試験に通過して属託警察犬として雇用されるなど、トイプードルは愛犬だけではなく、活躍の場を広げているのです。

スポンサーリンク


トイプードルの性格について

 


トイプードルは凄く賢くで、運動能力があり、何事にも興味関心が強く、プードルのバラエティー性があり一番頭がいいとも伝えられています。

マイナスポイントが少ないハイクオリティーな性格で、ご家族においてはとても親密に接し、他人や他犬だったとしてもうまく触れ合います。

 

トイプードルの性格から見た飼い方

 

トイプードル

 

トイプードルはエレガントなイメージに似合わず、アクティブでスタミナがあると言えます。

賢明上に珍しい物見たさも強いので、運動不足やイライラが蓄積していたら、屋内やケージ内側を荒らすといったやんちゃをしてしまうことがあるのです。

いつもたっぷりの散歩と、屋内においての遊び、できたらスイミングあたりもやらせてあげたほうがいいでしょう。

毛が抜けないからメンテナンスが楽だとと言われがちなプードルではありますが、被毛にはオリジナル性の高い細々としたカールがあって絡まり易いので、ブラッシングがないとフェルト状が生じてしまいます。

そして、ブラッシングがないと、巻き毛の中にごみやほこりが混じってしまうことがほとんどです。

せめて一週間に2~3度、できるならいつでもブラッシングをしてください。

寒冷期を除いたシーズンは、短めにカットしてもらうと絡まりにくくなりますので、アフターが容易になっていくのです。

プードルオリジナリティーの高い、胸と手足の先を丸く残るコンチネンタルカット」などおすすめです。

トイプードルではここ数年、テディベアカットというぬいぐるみ風にイメージされたカットに人気が集まっています。

スポンサーリンク


トイプードルが落ち着かない3つの理由

 

画像

出典:Twitter

    • 成犬になったのにいつまでも落ち着きがない。
    • 興奮状態がいつまでも続く。
    • しつけても余計にエスカレートして落ち着かなくなる。
    • お留守番させると部屋の中をグチャグチャにしちゃう。

    こんなことにきになったことありませんか?

    これから飼おうと思っているけど、このあたり大丈夫なのかなぁ?

    実はこれには3つの理由がありますので、今回ご説明させて頂きます。

    トイプードルが落ち着かない3つの理由

     

    1. ウォーキングや運動不足が原因の「モヤモヤ」
    2. イタズラをすると構ってもらえると思っている「間違った認識
    3. オーナーさんといたらホッとできない「不安」

     

    実はトイプードルの落ち着きがない理由って、この3つになるんですね。

    この3つさえ克服してしまえば、とても愛らしいペットになることは間違いありませんので、一つ一つ解説してきたいと思います。

    ① ウォーキングや運動不足が原因の「モヤモヤ」

     

    ウォーキングや運動不足の原因

    • 散歩の時間が20分くらいとちょっと短め。
    • トイプードルは意外とエネルギッシュな犬種。

     

    トイプードルは、小型犬におきましても行動量がすごく多い犬種になります。

    ウォーキングも1回40~60分することがベストと考えられるぐらい、エネルギッシュな犬種とされて有名です。

    「小型犬だからウォーキングも1日20分ぐらいでいいかな」などと考えられるのですが、これはトイプードルからしたらジワジワとイライラが募っていく原因となっているためお気をつけください!

    さらに運動不足は、トイプードルの骨や関節を弱らせる要因にもつながります。そうすると膝蓋骨脱臼というような病が発症しやすくするため、しっかりと肝に銘じるように気を付けてください。

     

    ウォーキングや運動不足の対策案

    • 1日1時間以上のウォーキングをすること。
    • 知育道具を使うことで身体と精神的なリフレッシュを促すこと。

    スポンサーリンク


     

    ② イタズラをすると構ってもらえると思っている「間違った認識

     

    イタズラをすると構ってもらえると思っている原因

    • オーナーさんとの上下関係の認識のズレ。
    • ゆえに怒られても、構ってもらっていると勘違いする。

     

     

    お客様がきたなら、ウォーキングで他の犬とすれ違うタイミング、お食事をあげる時など、何となく「静かにしなさい!」とイラッとするほど興奮するトイプードル。

    こうしたトイプードルがあっさりとは静かになってもらえないことは、うまく社会化できなかったり、オーナーさんとのリレーションシップ(上下関係)がメチャクチャであるのが基本的な原因です。

    オーナーさんが「こらっ!」とアタマに来たとしても、トイプードルはそれを叱られているとは意識しません。あるいは「構ってもらえている」と捉えているというわけです。

    すなわち「はしゃげば家族の気を引ける」と考えています。

     

    イタズラをすると構ってもらえると思っている対策案

    • 「オスワリ」「オテ」などの命令のキーワードを確実に覚えさせる。
    • 命令のキーワードが成功したら、必ず褒める。

     

    スポンサーリンク


    オーナーさんといたらホッとできない「不安」

     

    オーナーさんがいたらホッとできない理由

    • コミュニケーション不足による、愛情不足。

     

    え、うそ!?と印象を持たれたオーナーさんもいらっしゃるそうですが、安全な場所にいなければソワソワするのはトイプードルはかなりたくさんいます。

    「でも居心地のよいクッションや愛着のあるフードもあげているし…嬉しそうよ。」なんていう風に思われましたか?なんとそういう事じゃあないんです。

    トイプードルがリラックスさせる時というものは、オーナーさんからの優しさを感じさせられるじかんになります。加えてオーナーさんの事を心から信用できると自信を持ったときです。

    あなた自身もそうじゃないか?いい加減なご友人といたらどうにもピリピリすると思います。すぐさま家に帰りたい、またいい関係のお友だちといることを望むと思いますよね。犬も一緒なんです。

    すなわちコミュニケーション不足が、トイプードルを緊張させているということもあったのです。

     

    オーナーさんがいたらホッとできない対策案

    • トイプードルは人懐っこいのでしっかり構ってあげる。
    • バランスよく叱ったり褒めたりしてあげる。

    スポンサーリンク


    おすすめの記事