早朝から「ご飯ほしい!」毎朝4時に鳴いて起こされます・・・

私の猫ちゃんは毎朝明け方に枕元で鳴いて、私にご飯をおねだりします・・・

ご飯をあげるまで鳴きやみません。

起きないと、顔をなめられたリ、前足でつつかれることもあります。

おかげで寝不足なんです・・・

といつも一生懸命に頑張ってる人あなた!

そんな、あなたに対して今回のお話を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク




「ご飯をあげる」あなたの行動が困った習慣のもと

 

Kater

 

これは大変ですよね。

同情します。

しかし、その場になって "うるさくて眠れないから "という理由で猫の食事の準備をしてしまうのでしょうか?

実はそれが違いの要因なのです。

猫に「呼べばご飯が出てくる」と教えているようなものです。

 

「寝ていようが何だろうが、鳴いたらごはんを出しなさいね」と猫にしつけられているみようかなものでしょう。

飼い主が猫にしつけられて、どうするんですか!

 

スポンサーリンク




 猫ちゃんをしつけましょう!

 

Katze mit Maus ist neugierig

 

しつけは飼い主がするものです。

 

さぁ、こちらからしつけをしてあげましょう!

 

最初は、遅い時間帯にタ食の時間を移動させてあげてください。

猫を我慢できずに呼び出せば30分ほど先延ばしにする方法を取ると良いでしょう。

缶詰をベースにした食事を間隔をあけて行うことで、ドライフードをいつまでも食べられるようにしましょう。

缶詰はジューシーなので、胃腸の調子が悪くなります。

また、枕元で呼んでも絶対に起き上がらない! それはそれとして、目を開けてはいけない!

目を開けてはいけません!

猫が諦めるまで寝たふりを続けてください。

そうすれば、あなたが起きたい時間に起きて、猫の朝食の準備をしています。

それを2~3日続けたら、そこで終わりです。

猫にとりましての新しい食事時間の習慣が出来るはず。

あなたは朝までグッスリと眠れるようになるはずなのです。

スポンサーリンク




猫の食事は飼い主の都合のいい時間に変更しましょう。

 

Katze auf katzensicherem Balkon mit Katzennetz

 

そもそも猫が1日に2回食事をすると言うのは

 

  • 朝の4時と夕方の4時になっても
  • 朝の7時でも夕方の7時でも

 

食事の感覚は食事と同じなので問題ありません。

 

飼い主の都合の良い時間帯を食事時間とする習慣をつけるだけの簡単なものです。

2~3日経っても乾物を食べずに枕元に電話しても

夜寝る前にもう一度食事をさせてください。

これだけで食事が夜の7時になっても、食事と食事の間の変更計画は「完壁」に成功します。

 

「困ったおねだり」には応えないように!

 

kleine Katze kuschelt im Körbchen

 

鳴いて起こされる以外には

例えば、ダイエット中なのにおやつを要求してきたり、恥ずかしい要求には絶対に応じないでください。

頑なに応じないと、猫はすぐに諦めてしまいます。

"かわいそうだから......"

結局これにおやつを入れるのは猫にとって良くないので!(笑

スポンサーリンク




まとめ

 

 

猫ちゃんにとって食事は、習慣でもあります。

欲しいからと続けていたら、それが猫ちゃんの習慣になってしまい、あなたが苦労してしまいます。

食事の感覚はあなたの都合のいい時間でも何も変わりませんし、猫ちゃんがあなたのペースに合わせてくれます。

飼い主の精神面や健康状態も凄く大切ですので、これからは猫ちゃんにもあなたの生活に協力してもらいましょう!

スポンサーリンク




おすすめの記事